FC2ブログ
2020/01/18

今朝のブログにアップした記事の方が写真を送ってくれました。

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。




写真①



写真②




写真①が昨日の状態で、膝が45度も曲がらない状態でした。
写真②は先ほど送られてきたものですが、かなり曲がるようになったようです。

そして、写真②には以下のようなコメントが書かれていました。

=====================================
昨日は急なことでしたが、丁寧に治療していただき、ありがとうございました。
昨日あれから、中学校に行ったり、教会で練習しに行ったり、バタバタしているうちに、写真を撮るのを忘れてしまいました。
お陰様で夕べは、かなりマシになっていました。

今朝は、昨日よりももっと楽になっていて、こんな感じでしゃがめるようになりました。
足は少し引きずっていた、まだ少しだけ痛みはあるようですが、演奏には支障ないようです。

昨晩から今朝までは、「クラクラする」とか、体調優れない様子でヒヤヒヤしましたが、今は大丈夫です、鍼をした後のしんどさだったかもしれませんね。

夕方5時に演奏します。その頃にはもっと元気に歩けているような気もします。本当にありがとうございました!
=====================================
2020/01/18

打撲:蹴られた痕が痛くて歩けない (1/26の臨床実践塾)

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。




写真① 普通はこんな鍼はしないのですが、緊急でしたので…… 




写真② 巨鍼療法でないと短時間では治せないと考えたので…… 



中学生の男の子ですが、友達同士で「蹴り合いをして遊んでいた」そうです。
相手の蹴りが強すぎたのか、右大腿外側が痛くなり、階段も上がれないくらいだったそうです。
そして、具合悪い事に、明後日に演奏会があり、お母さんがピアノ伴奏をして、チューバで「独奏」をすることになっているらしいのです。

そんなことでお母さんから電話が入りました。
「整形外科に行った方がいいでしょうかネー」と言うものですから、
「足の甲で蹴られたぐらいなら、骨に傷はいってないはずだ」と考え、

「う~ん。明後日に演奏会で独奏をするなら、整形外科では時間的に間に合わないと思うので、来てください」と、来てもらうことにしました。

なぜ、「整形では間に合わない」と言ったかというと、その程度の打撲なら、シップ薬を出すぐらいとわかっていたからです。
経験された方ならわかると思いますが、診断は多分「打撲」となるので、痛み止めの薬とシップ薬ぐらいだからです。

それで早速来てくれたのですが、外傷はないし、腫れもない、ただ、触ると痛いし、歩くのが困難なようで、膝も曲がらないし、足も挙がらないので、歩くのがやっと、という感じでした。

それで、
「しゃがんでみて!」と言うと、しゃがもうとするのですが、膝が45°ぐらいしか曲がらないのです。
これだとトイレも大変だなーと思いながら治療にかかりました。

こういう症状の場合は、「筋腱鍼」という刺鍼法を使うと治しやすいので、最初に筋腱鍼で治療してみました。(写真①)
しかし、あまり変化はないようでしたので、今度は巨鍼を使うことにしました。(写真②)
巨鍼は、骨折の痛みも取ってしまうほど外科的な症状には効果が高いからです。
但し、このような場合の巨鍼療法は、熟練した人でないとできません。

巨鍼をした後は、だいぶ楽になり、ベッドから降りて、そろりそろりと歩き出し、やがて、びっこはひいているものの、何とか歩ける状態になりました。
お母さんは横から、

「どう? どう?」と聞いています。

「だいぶいい。だいぶ楽になった。触ってもあまり痛くない」と言っていました。

その様子を見ていたお母さんは、
「演奏会での舞台に出る時は、誰かに楽器を持って来てもらおうかと考えていました」と話していましたが、彼の顔に笑顔が出てきたので、安心したようで、
「子ども料金は中学までですか?」なんて、軽い雑談までしていました。

帰りには、玄関でキチンとあいさつまでして帰っていきました。
そして、お母さんは、
「演奏会のビデオを撮って送りますね」と、話しながら帰って行きました。
2020/01/17

めまいとせんかん鍼、、、。七星特殊鍼法研究会について(1/26臨床実践塾準備)

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。


 

ビフォー

 

アフター



「せんかん鍼」はほんとにすごい鍼です。
腰臀部に1本鍼をするだけで、こんなに変化が出るのですから。
しかも、1分以内で終わってしまうのですから‥‥。

この方は、「めまい」を訴えていましたが、先ほど来られた方は、何度か「肩の痛み」を訴えていたのですが、せんかん鍼を使ったら、それで治ったそうです。
さらに、この方の後に来られた方は、骨盤の歪みがあり、座位で鼠径部の痛みを訴えていましたが、せんかん鍼で調整できました。

「すごい、すごい!!!」
私が「すごい!」なんて言っても、手前味噌にしか聞こえないと思いますが、せんかん鍼で治療を受けた方や、当院のスタッフは分かっています。

せんかん鍼を使うと、上半身や下半身の歪みが、一瞬にして矯正されるのです。
「一瞬に」なんて言うと、これも「眉唾モノ」と言われそうですが、せんかん鍼を使う時は、多くが1分以内で、せんかん鍼の治療を受けた患者さんは、
「えっ? これだけでですか?」と驚きます。

で、写真の方ですが、脊椎診をすると、上部胸椎が右に曲がっていましたので、それが原因でめまいが起こっていたようです。
上部胸椎が右に曲がった原因は「肝」にありましたが、先にせんかん鍼で上部胸椎を整え、「めまい」の徴候を聞きましたら、首を左右に回し、

「何ともないようです。大丈夫のようです」と言っていました。

で、傍で見ていたスタッフが、

「首、回ってますよね」と、患者さんが言うべきことを先に言っていました。(^_^;)

1月26日(日)の臨床実践塾では、このようなテクニックをいくつか紹介しながら、「七星特殊鍼法」と「七星特殊鍼法会」の説明をしようと思います。
「七星特殊鍼法会」は、主に即効的な治療法を研究するために結成する研究会です。

ただ、Zoomを使ってやることが多いので、3~5人程度しか入れません。
ですから、興味のある方は、1月26日の臨床実践塾に参加するか、Zoomで行なうネット勉強会に参加されてください。
Zoomで行う勉強会は、このブログで、2~3日中にご案内致します。

新城針灸治療院:06-6765-7622
2020/01/15

寝違いの治し方 (1月26日臨床実践塾)

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。


 
ビフォー           アフター



Facebookにも書きましたが、昨日の朝に電話が入りました。
「首が回らないので、何とかしてくれませんか」という電話です。

ところが、香里園で仕事の打ち合わせがありましたので、
「香里園から帰るのが3時ごろになると思いますので、3時半ごろになりますが、いいですか?」と聞いたら、
「はい。その時間に行きます」と返事が来たので、休日診療をすることになりました。

彼は、時間通りに来られたので、治療を始めたのですが、脈を診てから脊椎診をしたら納得できました。
上の左の写真です。
誰でも納得しますよね。首が右に寄るくらい歪んでいるのですから。

それで、
「最近では珍しいくらい歪んでいるので、ブログ用に写真を撮らせてくれませんか」とお願いしたら、

「いいですよ」と快諾してくれました。

さて「治し方」ですが、方法はいろいろあります。
ただ、この写真を見ただけではわかりませんが、屈曲と「捻れ」が混ざっていたのです。
捻れが混ざるのは、構造的な原因ですので、仕方がありませんが、面白い事には、

・捻れを取れば屈曲も取れるし
・屈曲を取れば捻れも取れるのです。

ですから、ベッドに座ったままで、七星特殊鍼法の「回旋鍼」で捻れを取りました。
「回旋鍼」というのは、人体に起こった捻れを矯正する鍼で、去年開発したばかりの手法です。
そして、

「どうですかね、ちょっと楽になったと思いますが‥‥」と言うと、首を動かし、

「あ、はい。ちょっと軽くなっています」と答えてくれました。

しかし、上部脊椎の屈曲はまだ取れていません。
ですから、「ちょっと軽くなった」となったわけです。
こういう場合は、巨鍼を使うと一発で治るのですが、血液の汚れがありましたので、巨鍼は使わないことにしました。

このような症状の場合は、経絡を整えるだけでも軽くなるのですが、体に出た歪みは、各部に「波及」していきますので、「軽くなった」と言われても、それだけで終わると、すぐに再発します。
軽くするだけなら、肩を揉んでも軽くなるからです。

ですから、「どこに波及しているのか」を考えながら治療を進めていくのですが、この方の場合は、なんとなんと、左の下腿後部(アキレス腱)にまで波及していました。
これを取っておかないと再発しやすいのです。

これは鍼を使うと簡単に取れますので、「脊柱診」(脊柱を整える鍼)と同時に取っておきました。
しかし、まだ問題があります。

その根本原因となる臓腑の調整です。
骨格の歪みや筋肉のヒズミというのは、ほとんどが臓腑が原因になっていますので、臓腑の異変も整えておかないといけないのです。

この方の場合は、「肝」が原因でしたので、
「肝臓が疲れているようですよ」と言うと、

「やっぱり! 奥さんに首が痛いと言ったら、とりあえず飲むのを止めておきましょうか、と言われました。あははは」と話していました。

そこで、ちょっと可哀そうと思ったので、

「普段は何を呑まれていますか?」と聞いたら、

「焼酎かウイスキーが多いですね」と言うので、

「焼酎を湯割りで1杯程度なら大丈夫ですよ」と言うと、

「ビールはダメですよね」と言う。

もちろん、焼酎の湯割りだけにするように話したのですが、お酒の好きな人は、
「これはダメです」と言うと、

「あれはどうですか?」
「これはどうですか?」
と、アルコールの種類を聞いてきます。

これは気を付けないと、「これはいいですよ」とか「あれもいいですよ」と言うと、これを1杯、あれも1杯と、結局4~5杯も呑んでしまう人がいるからです。

呑みたいんですねー。
私も酒豪のほうでしたので、気持ちはわかります。(^_^;)
2020/01/13

肩痛の治療と今年からのセミナー方式 (1月26日臨床実践塾)

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。


 
限度限度、限度です         ヤッホー!キャー!



1月26日の臨床実践塾では、「七星特殊鍼法」と「学び方」を紹介します。
七星特殊鍼法には、いろいろなテクニックがあるのですが、特徴としては「1本の鍼」だけで治療をしたり、腰痛を頭の鍼で取ったり、手のツボで取ったり、足のツボで取ったりするところではないかと考えています。

鍼灸の古典にも、「上の病は下で、右の病は左で」という方法が書かれていますので、それだけなら珍しいこともありませんが、古典には「筋骨系」としての治療法がないように思われるので、そこは大きく違うところかも知れません。

例えば、上の写真は、
「左肩が痛い!」と訴えていた方ですが、

「はいはい。ちょっと横向きに寝てくれますか」と、1分もかからない「せんかん鍼」をしたら、右の写真のように、腕がグーンと挙がり、

「キャー!」とか

「ヤッホー!」とか言いながら、腕を頭の後ろでブンブン回していました。

写真で見ると、大したことないように思われますが、ご本人は大満足していましたので、この方の写真を使うことにしました。

つまり、これが筋骨系への鍼治療になるわけです。
それで、今回の実践塾では、そのような筋骨系の治療ビデオを、Facebookに流して、動画で見ていただこうと考えています。

と言うのは、現在勉強しているZOOMやYouTubeを使うと、わざわざ大阪まで来ていただかなくても勉強できると考えているからです。
ですから、今までは「リアルセミナー」だけだったのですが、これからは「ネットセミナー」でも「臨床実践塾」を開催することが出来るわけです。

このような「動画でのセミナー開催」を考えて、2013年に「一般財団法人七星界」を設立して、いろいろやったのですが、その頃は、ネットでの配信が上手くいかず、研究のための投資だけに終わってしまい、結局「DVD販売」という形になってしまいました。

ですから今回は、ネット配信で成功しているところで勉強をして、「これでいける!」という自信を付けることにしたのです。
その準備に、2年ほどかかりましたが、やっと辿り着けそうです。

そして、今回の臨床実践塾では、「ZOOMの使い方」も紹介しますので、これから「ネットセミナー」を考えている方々には、それなりに学ぶところがあるはずです。