FC2ブログ
2020/07/12

診断に迷ったら「七星論」で解く:足の小趾側の痛み

          小趾側
          足の小趾側が痛い


          中足骨
          経絡との関係





「左足の小趾側が痛い」と訴える方が来られました。

具体的に痛い部位を指で示してもらったら、上の写真のように示してくれた。

足の小趾の場合は、膀胱経と関係する場合があるので、京骨穴や金門穴、さらに胆経の臨泣穴辺りを触りながら、



「ここ?」



「??ここ?」



と聞くのですが、どれも違うと言う。

この方が言うには、中足骨が痛むような感じがするとのことでした。

さて、中足骨となると、関節にも痛みが出ているはずですが、中足趾節関節辺りには痛みが出ていません。



一瞬悩みながら、膀胱経への刺激で試してみましたが、どうも、「もう一つ」という感じです。

そこまで来て「ハッ!」と思い付いたのが、七星論での三次元思考でした。



そこは、中足骨になるので、七星論で考えると、「地=心包・三焦」になる。

ですから、その後に行う予定の「顔面への刺鍼」で、多分治まるはずだと考え、治療を始めた。

そして、一応の治療が済んでから、



「どう? 足の小趾は」と聞いたら、立ち上がって足を踏み込み、



「あ、なんかいいみたいです」と言う。



「多分、これで治まると思うので、きょうはそんなところで終わっておきましょうか」と治療を終了した。
2020/07/12

「しちせい特殊鍼法」での花粉症の治療

          マスク
                  花粉症の対策は?  


こんな方が来られました。



・花粉症みたいで、くしゃみ、鼻水、喉のイガイガがある。

・歯医者で、仰向けで口を開けて治療を受けていたら、喉に唾液が溜まり苦しくなった。

・つかえる感じでした。


・夜寝ているときも、そんなことがあるが、横を向くと楽になる。



・身体がだるい。



誰が考えても「花粉症」です。



このような症状を「しちせい特殊鍼法」では、どのように考えるのでしょうか。

現代医学的に考えると、





からの症状なので、「耳鼻咽喉科」の対象になります。

ですから、「鼻や喉」の症状を治めようと頑張ります。

しかし、一時的には治まっても、治ることはないはずです。



何故なら、断片的に端々のことを考えているからです。

人体は、一つの生命体ですので、一部の異変は他にも影響を与えます。

それを私は「太陽系惑星」に当て嵌めて考えたわけです。



物質を砕いていくと、最終的に「分子」になります。

※ それ以上に分解するとエーテル体とかアトラス体とか「魂のしくみの話になる」ので、とりあえず「物質」の最小単位としての「分子」を考えます。



その分子の構造を見ると、中心に「陽子と中性子」(陽性)があり、その周囲を「陰電子」(陰性)がグルグル回っていると説明されます。

その構造は、太陽系惑星の構造に似ているので、そこから「七星論」を組み立てていったのです。

そうすると、花粉症に喩えて考えると、鼻や喉の炎症は粘膜なので、そこは外周なので、陰性の性状を示しているはずです。

そして、肺・大腸経と関係のある「鎖骨下筋」や「第四生泉水穴」、腎経と関係のある「腎査穴」や「頚椎」という答えが出てきます。それらを整えれば、花粉症は解決されるはずです。

つまり、身体=(食事、睡眠、運動)も考えるわけです。



ですから、治療は、「プライマリーライン」(任督)だけでも症状は治められますが、安定を図るために、頚椎、鎖骨下筋、第四生泉水穴などへも治療を加えるわけです。



治療テクニックとしては簡単なので、

「ゴチャゴチャ言わんと治療法だけ書いてもらったほうがいい!」と思う人は少なくないと思います。

しかし、理論を知らない治療法だけだけだと、応用が利かないので、いつまでも、いつまでも、「セミナージプシー」を続ける破目になるのです。
2020/07/12

「しちせい特殊鍼法」には、縦、横、高さ、スパイラル運動を考えた治療法が含まれます

          川久保
          指で押さえているところが「引き攣るような感じがする」と言います


上の写真は、足の症状を訴えて来た方ですが、足には一切触れず、背中の「一つのツボ」だけで症状を治めました。

これは、三次元的な考え方がないと、「一穴で」なんて、できないことだと思います。



三次元とは、三方向に向かう広がりを持つことで、我々の周りの空間も三次元です。

ですから、縦にも、横にも、高さにも広がりがあることになります。

そして、そこには動くためのスパイラル運動も生まれてきます。



「しちせい特殊鍼法」には、そのスパイラル運動が組み込んだ治療法も含まれています。

たとえば、足関三穴、足骨鍼、回旋鍼、3点鍼(3つのツボに鍼をするだけ)などがそうですが、それらには、人体の歪み(不調)を整える作があります。



これは、生命体としての人体を、上手く動かしていくにはどうすればいいのかを考えたものです。

二次元的な考え方で行き詰まっているときに思いついたのですが、まだ研究途中で、これから伸展させていくものです。



それらのテクニックは、毎日の臨床で使っていますが、



即効性があり

再現性があり

再発が少ない
という利点があります。 できないことはないかも知れませんが、動画の撮影や編集をプロ中のプロに頼まなければならず、経済的に負担が大過ぎる」のです。ですから、コロナの状況を見ながら、リアルセミナーを開催して、そこで公開したいと思います。



「ネットセミナーをすればいいじゃないか」という声が聞こえてきそうですが、ネット(画面)は二次元ですので、いろいろ試してみたのですが、出来ないのです。

できないことはないかも知れませんが、動画の撮影や編集をプロ中のプロに頼まなければならず、「経済的な負担が大き過ぎる」のです。



ですから、コロナの状況を見ながら、リアルセミナーを開催して、そこで公開したいと思います。

2020/07/12

マスクと側頭骨や下顎の歪みの関係

     側頭骨
          側頭骨が歪めば、輪状縫合や下顎も歪む


マスクをすると、側頭骨に負荷がかかります。

その結果、その人の弱い部位に異変が生じます。

上の写真を見てもらうとわかると思いますが、輪状縫合には、宙(任督)から土(脾・胃)までが配置されています。

つまり、マスクのヒモで側頭部に刺激を与えて筋骨をゆがめてしますのです。



さらに、側頭骨が歪むと、顎関節も歪み、下顎の筋腱にも影響が出てきます。

その結果、上のイラストには描いてありませんが、肩、肩甲骨、恥骨、下腿~~~、にも影響^が出てきます。



昨日、「しちせい特殊鍼法研究会」のメンバーに、「頭蓋JAA―2018」という研究資料としてのDVDを送りました。

その中にあるテキストには詳細が書かれていますが、ちょっと専門的になるので、このブログでは説明を割愛させて頂きました。



ですから、「コロナでマスクをし始めてから、筋骨の異変が出た」という方は、側頭骨の歪みから輪状縫合、顎関節の歪み、体幹や四肢の歪みに発展する可能性があるわけです。
そんな場合は、経絡で考えるよりも、輪状縫合や側頭骨の歪みを考えて治療したほうがいいのです。



ちょっと難しいかもしれませんが、それが「七星論の三次元的思考」になると考えているのです。
2020/07/12

お臍の左側が痛い:左足関三穴(左を使うのは非常に稀です)

岡1 岡2

     ビフォー        アフター




「左のお臍の左側が痛い」という方が来られました。

観ると、「左のお臍の外側2横指から下へ1横刺ぐらい下がったところ」でした。

で、脊椎診と仙骨診をしたら、仙骨が左に歪んでいる。

これは非常に珍しいパターンなので、スタッフを呼んで、
 

「これ見て!」
 

「仙骨が左に歪むのは非常に、非常に珍しいんや」

 と言いながら、スタッフにも見てもらった。

「あ、ほんとですね。左に歪んでいますね」とスタッフも言った。


それから治療を始めたのですが、左の足関三穴を使うことにした。
足関三穴は、ほとんどが「右」を使うので、特例と言えば特例です。


足関三穴は、即刺即抜でも効果はあるのですが、経絡治療と一緒にしますので、5~8分程度置鍼します。
置鍼の後、抜鍼をしていたら、その方が(患者さんが)

「先生、鍼をしている間に、お臍の横が、中のほうでググーって動いていました」と言う。

それで足先を見たら、先ほどまで左の足先が立った状態(足が内旋下状態)だったのに、左右が同じように広がっていた。(写真参考)

その前に、お臍の横が痛い原因を「腸だと思いますよ」と話してありましたので、

「おお、すごい」と思った。

何が「すごいか」と言うと、足関三穴は、筋骨系を整える鍼として開発したのですが、「臓腑も整えている」と思われたからです。

もっとも、七星論では「筋骨系は臓腑異変からの経筋腱収縮牽引」と考えているので、臓腑が整って当然と言えば当然なので、理論的には不思議ではないのですが、こんなにも如実に現れるのは、あまりなかったのです。

これで「足関三穴」の使い方がまた一歩先に進みました。

「足関三穴」「足骨鍼」「せんかん鍼」「回旋鍼」「巻肩鍼」、これらはほんとに最近開発したテクニックですが、今後の鍼灸治療に影響を与えると思われます。