FC2ブログ
2020/08/31

顎関節が痛くて、耳が聞こえにくく耳鳴りもあります (9/27セミナーの告知)

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。




耳鳴りと顎関節が……




「ああ、できる~。これができなかったんです」



先週は遠くから来られる方が多かった。
この娘さんは、1年ぶりぐらいに名古屋から来られた方です。

「どうしたんですか?」と聞くと、

「耳が聞こえにくくて、耳鳴りがして、顎も痛いです」と言います。

顎関節症と耳は構造上発症しやすいもので、顎関節が歪むと、耳孔を圧迫してしまうからですが、この方は両方の耳鳴りと、聞こえ辛いと訴えています。
そこで考えるのは、顎関節に異変がある時は、骨盤も歪んでいるので、「頭足鍼を使えばいっぺんに治るのではないか」と。
理由は、頭足鍼で骨盤も整うからです。

そして頭足鍼をしてから、
「どう? 顎関節は」と聞くと、顎を動かしてから、

「はい。良くなっています」と言い、続いて

「耳鳴りはまだ残っています」と言っていました。

「あ、ゴメン、耳鳴り治療が足りなかったようです」(^_^;)
と言いながら、再び仰臥になってもらい、耳鳴りだけの治療にかかりました。
と言っても、頭足鍼で骨格はだいたい整っているはずなので、頚椎を手で軽く調整して、耳周囲に2本ずつと、両足の侠渓に鍼をしただけです。

そして鍼を抜いたら、この方は、ベッドに寝たまま、顎を突き出して変な恰好をするのです。

「え? どうしたん、変な恰好をして」と聞くと、

「これが出来なかったんです。うふ!」と笑うのです。

そこですかさず、
「あっ、これ、これも写真を撮らせてくれませんか」と許可を得てから写真を撮らせてもらいました。

寝た状態で顎を突き出すのが出来なかったのは、顎関節が歪んで、頚椎まで歪んでいたわけです。
※ 頚椎が歪んで顎関節が歪んだかもわかりません

「で、耳鳴りは?」と聞くと、

「スッキリしました。治ったみたいです」というので治療を終りました。

この方の治療をしていて、
「これで頭部や耳鼻咽喉科の疾患も頭足鍼で治療できるな」と思いました。
と言うのは、この「頭足鍼」で、首から上の治療もできるのではないかと考えていたので、それが実現したことになったわけです。

頭足鍼はほんとにすごい鍼だと考えています。

でも、このブログを読んでいる人は、「頭足鍼の理論」を聞かないと、信じない人が多いのではないかと思います。
9/27には、セミナーを開催しますので、ご期待してください。

会場は新城針灸治療院
時間は午後1時~3時
受講費は20.000円
募集人数は5名
で考えています。
関連記事