FC2ブログ
2020/08/29

頭足鍼(手が震える、力が入らない、右足が凝り固まっている)

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。




こうすると震えたり力が入らなくなったりする



お盆休みで、ブログもお盆休みをしていました。(^o^)

最近、面白い鍼のやり方を考えていたのですが、これは一人では実験できないので、そおチャンスをうかがっていました。

この鍼は、頭に3本、足に4本の鍼をするのですが、この鍼だけで臓腑から筋・骨まで整えられると考えて組み立ててみました。
使うツボは今までにやった特殊鍼のツボになるのですが、頭と足を合わせる事により、全てを網羅する治療になるのではないかと考えているのです。

最初に来られた方は、
① 右肩甲骨が痛い
② 足に薬疹のようなものができた

と訴えていましたが、
「面白い鍼を考えたので、1回させていただきませんか?」と尋ねたら、

「いいですやよ」と言ってくれたので、早速試してみた。

試すというのは、その鍼をして、どのように変化するのかを観るためなので、その他の鍼はせずに、その鍼だけするのです。
そして、刺鍼が終り、サッと抜いて(ほとんど即刺即抜)、

「はい。では起き上がって様子を見てくれませんか」というと、起き上がって、肩甲骨辺りを回していたのですが、

「はい。取れています」という。

足に出た薬疹のようなものはそんなに変化はなかったのですが、心なしか色が薄くなっていました。

そして、次の方は興味深いものでした。

① 箸で納豆を食べようとすると、手指が震え硬くなって動かせなくなる
② 右足が硬く感じてお尻が痛い
③ 病院を始め、接骨院や鍼灸院、10か所以上通ってみたが、良くなる気配がない

ということでした。

それで、割り箸を渡して、
「この割りばしで、どんな感じか見せてくれませんか」と言うと。
確かに、手首まで動かしにくそうにしていました。

その時、「脳血管に障害が起こっているのだろうな」と考えたのですが、脳神経外科へも行って、CTやMRIも撮ったのですが、「問題はない」と言われました。と言い、「頚椎性脊椎症」という病名をもらったそうです。

最初の治療を頭皮鍼でやってみたら、
「あれっ?」という顔をしていた。
その後に、「頭足鍼」(とうそくしん)をしました。

頭足鍼が済んでから、手の震えを確認してもらったら、震えが止まっているのです。
しかし、ご本人は手指をじっと見ているだけで、良くなったとも悪くなったとも言いません。

この光景は、多くの病院や治療院を回った人の特徴です。
信じられないのです。

そして、運動のことなども聞いていましたが、
「この方は真面目にやるな」という感触がありました。
そして帰りには、
「次の予約はいつですか。早く来てもいいですか」等々と質問をしながら予約を取って帰りました。

なかなか興味深い臨床でしたので、早速ブログに載せてみました。
でも、きっと戻りますので、何度か治療しないと治らないと思います。
関連記事