FC2ブログ
2020/08/29

足が腫れた:巨鍼療法も素晴らしい \(^o^)/

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。



腫れて炎症が起こっています



しわが寄ってきました


 


 


巨鍼療法は、骨格の歪み、内臓の調整(特に肝・腎・心)、骨折や捻挫の調整、椎間板ヘルニア、五十肩、膝痛と、いろいろな治療に使えるのですが、面白いのは浮腫み。


 


浮腫みは、伝統鍼灸では「復溜」というツボを使います。


ですが、その場では変化しているのか、いないのかわからない場合が多い。


ところが、巨鍼療法では、その場で浮腫みが引いてくるのがわかるのです。


 


この方の浮腫みは、「右足だけです」ので、病院でも「わからん」と言われ、抗生物質を出されただけだったそうです。


※ 右足だけの場合は「肝臓が原因の場合が多い」


そこで、


 


「多分、巨鍼で浮腫みは引くと思いますので、巨鍼をしましょうか」と、言い、巨鍼をすることになり、ブログ用に写真まで撮らせてもらった。(^^;)


 


上の写真が治療前で、下の写真が巨鍼治療後です。


下の写真では「しわ」が寄ってきました。

関連記事