FC2ブログ
2020/08/29

左の横腹が痛い! 「足関三穴」の使い方

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。



何故かここが痛いんです


 


「左の横腹が痛い」という方が来られました。


 


今までなら、「多分大腸か腎だな」と考えていたと思いますが、脊椎診や仙骨診をしたら、どうも「大腸や腎」が主な原因ではないと思えました。


理由は、脊椎診でも仙骨診でも、右に歪んでいたからです。


 


痛みには、腫れて痛む場合もありますが、引き攣れて痛む場合もあります。


この方の場合は、右に引き連れて痛みが出ていたので、「左ではなく右で」治す必要があると思われたのです。


 


ここからちょっとレベルが高くなりますが、ご勘弁ください。


 


この方の症状は、実は「三次元的な歪み」が出ていたのです。


三次元的な歪みとは、前後左右の歪みと同時に、「回旋」(捻れ)の歪みが出る事です。


普通は、前後左右の二次元的歪みで治まるのですが、そこに強いスパイラル運動が加わると、三次元的な歪みが発生するのです。
※ これは自然の摂理で「頭のつむじ」と似たようなものです


 


つまり、前後左右の歪みに合わせて、「回旋」という歪みが発生した状態です。


この三次元的な歪みを取るのに、しちせい特殊鍼法の「回旋鍼」を使う場合もありますが、ある一つの考え方があり、足関三穴を先に使うことにしたのです。
※ 足関三穴でダメなら回旋鍼を使えばいいと考えていました


そして、「三次元的歪みは足だけでも取れはずだ」という考えもあり、


今までは「回旋鍼」だけで捻れを取っていたのですが、三次元的な治療法を考えているときに、少なくても、「あと2点ぐらいのツボ」があるはずだ、とも考えていたのです。


 


そして、足関三穴で治療してから、痛みを確認してもらうと、


「ないです。うふ、痛くないです (^^;)」と言ってくれたのです。


 


前後左右の歪みだけより、多分、このほうが治療効果は長持ちするはずです。


それは、前後屈、左右屈、左右捻転の三方向の歪みを取ったことになるからです。


つまり、三次元的に調整されたので、身体が自由自在に動けるようになったと考える事ができます。


 


その動きは多分、赤ちゃんに歪みがない状態や、我々が寝ている間に、自然に歪みを矯正したりしている状態を作り出しているのではないか、と考えたのです。


その根拠としては、私が「足関三穴」を開発して、毎日の臨床に足関三穴を使うようになってから、仙骨の歪みが消えた人が多くなってきたからです。


 


あまり極論を言うと、嫌われてしまいそうなので、これぐらいで止めておきますが、私の臨床の目的は、



  1. 如何にして早く治すか


  2. 如何に治療効果を長持ちさせるか


などが基本的な目標で、その研究のために「しちせい特殊鍼法研究会」を発足させたのです。


ですから多分、今後もその目標向かって臨床研究を続けつもりです。


 

関連記事