FC2ブログ
2020/08/29

右の腰や仙腸関節が痛い人の特徴とせんかん鍼の効用

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。



このように横向けに寝た状態で刺鍼します


 


 


この方は、前から来院されているのですが、腰椎ヘルニアから側弯症にまでなった方で、当方に来られた時は、「あっちゃー!」というぐらいひどい歪みがありました。


その時のことは、このブログにも書きましたので、探せば出て来ます。


しかし、きょうは、それが目的ではありませんので、探すのは止めておきます。


 


ここまで治るのに何か月もかかりましたが、本人も必死にやってくれたので、ここまでこれたのです。


あとで言いますが、この治療は、治療テクニックだけではどうにもならないからです。


 


では、何故このようになるのかということですが、七星論を知っている方はご存知だと思いますが、内部で「経筋腱収縮牽引」というのが起こっているのです。


そして、その経筋腱収縮牽引は、腸骨まで歪めてしまいます。


 


そうなると、股関節から膝関節まで異変(痛み)が出てきます。


ですから、それを治すには、先ず、「経筋腱収縮牽引」が起こった原因から考えなくてはならないのです。


 


このようなタイプの腰痛は、ほとんどが「くの字型」(あるいはC型)に歪んでいます。


それは肝臓が関係しているからです。


そう言うと、「俺は肝臓なんて悪くない!」と言う人がいると思いますが、七星鍼法での「六臓診」という診断法を使って診断すれば、すぐに答えが出てきます。


 


つまり、このようなタイプの腰痛も、股関節痛も、膝関節痛も、足関節痛も、ほとんどが肝臓と関わっているのです。


それがわからなければ、完治させることはできません。


 


ただ、その場を収めるには、いろんな手法があります。


私は、患者さんによって違いますが、巨鍼療法をしたり、腸腰筋調整をしたり、生物力学療法を使ったりします。


 


瞬間的ともいえる速さで治すには、「せんかん鍼」を使います。


せんかん鍼は、サッと刺して、サッと抜く鍼で、「鍼をされたのもわからなかった」と言う人もいるぐらいです。


 


この方も、「腰から仙腸関節まで痛い」と言っていたので、せんかん鍼をして、


「はい。ベッドから降りて確認して見てください」と言うと、ベッドから降りて、腰やお尻を触りながら、「うん、うん」と頷いていました。


痛みが取れたのです。


 


もっともこの方は、当院で何度もこのような経験をしているので、感動的なことは言いませんでした。(^_^;


 


しちせい特殊鍼法の「せんかん鍼」の使える人は、腰痛、仙腸関節通、股関節痛、膝関節痛、足関節痛などに、是非使ってみてください。


ただし、このような場合の治療には、食事が非常に関係してきますので、「食事は関係なく」と言うようなら、ひじょう~~~~に、なが~~~~い時間がかかると考えていたほうがいいです。

関連記事