FC2ブログ
2020/08/29

喉が痛い! 脾査穴で解消

 



喉が痛い!


 


喉が痛いと言う方が来られました。


ツボは「天突」辺りです。


治し方はいろいろあるので、何を使おうかと考えていたら、「任脈」が浮かんできました。


「喉の痛み」となると、鍼灸師なら、「肺経」が浮かんでくると思うし、ほとんどの鍼灸の本にもそのように書かれています。


しかし、実は任脈の異変でも痛みが出てくるのです。


 


この方の治療は、脾経の「脾査穴」を使いました。


理由は、任脈と脾経は重なっているからで、そのことは拙著『人体惑星試論奥義書』にも書いてあります。


で、結果はどうなったかというと、脾査穴に刺鍼したら、すぐに痛みは取れました。


 


ただし、刺鍼法は一般的な方法ではありません。


刺鍼法は、ちょっとテクニックがいるので、鍼灸学校を卒業して1~2年臨床を積んでないと難しいかと思います。


なぜそんなことが言えるかというと、これまで当院に、スタッフとして入ってきた鍼灸学生を見ていて、そう思ったのです。


※ 鍼灸学生が全てそうだとは言いませんが、その傾向にあると考えているわけです


 


喉の痛み→任脈→脾経


 


鍼灸って不思議ですよね。


全く関係ないと思われるところに治療点があるのですから。


 

関連記事