FC2ブログ
2020/08/29

足首と首、腰も痛いと言う患者さん。(大笑いした話)


右の足首が内側に歪んでいます


 


 


「肩凝りがひどく、背中もバンバンに凝っています。腰も痛い!」という方が来られました。


20代前半のかわいいタイプの女性です。


 


脈診では腎虚でしたが、脊椎診をすると、肝臓の裏が腫れた感じで、盛り上がっています。


これは「肝実」の状態と診ることができます。


そして、それを裏付けるかのように、足関節が内側に歪んでいます。


(足関節を伸ばしてから撮った写真です)


 


つまり、足の内側の筋肉や腱が過緊張にあるわけです。


足の内側には、「脾、肝、腎」の経絡が流れています。


ということは、それらの経絡のいずれかに異変があるということです。


 


それを裏付けるかのように、頚椎1.2.5番にも歪みがありました。


(頚椎1番は乳様突起の後側から確認する)


人体惑星論では、頚椎1番は「水」、2番は「金」、5番は「木」となるので、


「腎経、肺・大腸経、肝経」となります。


 


そこで、頚椎調整から始めたのですが、これがまた体が軟らかいので、簡単に動くのです。


「簡単に動く」と言うことは、「簡単に歪む」ということになります。


何故体が軟らかいかというと、「陰性食」が多いからです。


陰性食:細胞を緩める作用があり、砂糖やカリウムを多く含む場合が多い


 


で、治療が済んでから、


「どうですか?」と聞くと、首を回したり、座位のまま前屈したりしていましたが、パッとこちらを見て、


「楽です~~~」と言うので治療は終了しました。


 


食事の話は時間がかかるので、冊子を渡して読んでもらうようにしましたが、帰り際に玄関で、


 


「傘持ってます?」とスタッフに聞いたので、スタッフが


 


「持ってますよ」と応えると、


 


「大降りですよ」と言いながら帰って行きました。


 


そして、すぐに玄関から飛び込んで来て、


 


「傘、忘れました」と言うので、大笑いしました。


 


さらに、


「そんなに降っているんかいな」とベランダから外を見ると、カラット晴れている。


 


「降ってないみたいですよ」と言うと、スタッフが、


 


「この人はいつもそんなですよ、あははは」と笑っていたので、私も一緒に大笑いました。


 

関連記事