FC2ブログ
2020/08/29

右のお腹が引き攣る:しちせい特殊鍼法の回旋鍼も面白い


右肩が前に出ています


 



痛むのは黄色で塗られた部分です


 


 


昨日、「お腹の右側が引き攣る」という方が来られました。


脈を診てから、脊椎診をしようとすると、身体が捻じれていた。


 


「おっとー!」と思い、


 


スタッフを呼んで、


「写真撮ってくれない」と言い、どの角度から撮影したらいいのかを検討した。


真上から撮影したほうが分かり易いようでしたので、そのまま撮影してもらった。


 


それが上の写真です。


右肩が前に出ているので、写真でもわかりますよね。


治し方はいくつかあります。


 


まず、上のイラストで示したように、「右のお腹が引き攣る」と言う場合は、多くが肝臓からの引き攣りです。


つまり持論の人体惑星論(七星論)で言うところの「経筋腱収縮牽引」が、肝臓から起っているわけです。


 


ですから、肝臓を整えればいいのですが、単に肝臓を整えるだけでは「芸がない」ので、しちせい特殊鍼法の回旋鍼を使うことにしました。


 


鍼をして、軽く左右に捻じってもらい、それから再び背中を見たら、捻れが取れています。


スタッフは、何度も見ているはずなのに、


「ふ~ん。なるほど」と言いたそうな顔をしていました。(^_^;


 


回旋鍼は、臨床実践塾でもやりましたが、その時のモデルになってくれた方は、両手を横に広げ、左右に捻じってもらいました。


すると、刺鍼前後の変化がすごく変わったので、参加者の皆さんは


「おおーッ!!!」という顔をして、顔がニヤッとなっていました。


 


顔がニヤッとなったのは、多分、多分ですが、


「こんな簡単な方法で捻れが治るのか。よし! 儲かった!」と考えていたのではないでしょうか。


(違っているかも知れませんが、笑いを取るためにそのように書きました)(^o^


 


で、大切なのは患者さんの症状が治まったかどうかです。


もちろん、症状は治まりました。


 

関連記事