FC2ブログ
2020/08/29

「八会穴」から考える腎臓の働きと治療 (八会穴3)


現代医学で腎臓が悪いと診断された方の「足の浮腫み」


 


八会穴とは、以下の8個のツボで、それぞれの気が集まるところとされていて、それぞれの病に対応しているので、それぞれの病の治療に使える治療点と考えられています。



  1. 腑会(腑の病) ・・・中

  2. 臓会(臓の病) ・・・章門

  3. 血会(血の病) ・・・膈兪

  4. 脈会(脈の病) ・・・太淵

  5. 骨会(骨の病) ・・・大杼

  6. 筋会(筋の病) ・・・陽陵泉

  7. 髄会(髄の病) ・・・懸鐘

  8. 気会(気の病) ・・・膻中


 


八会穴の検討をしているのは、八会穴を人体惑星論(通称七星論)で読んでも納得できるところがあるからです。


たとえば、「骨会(骨の病)大杼」。


 


ツボの位置は、胸椎第12棘突起間の外方1.5寸に取ります。


胸椎1番は、人体惑星論で観ると「水=腎・膀胱」となります。


つまり、「腎・膀胱」に関係するところになるわけです。


 


ということは、大杼は「腎・膀胱」の反応点にもなるだろうし、治療点にもなるのではないかと考える事ができます。


臨床でも、腎に異変があると、大杼に凝りができている場合が多いものです。


そして、東洋医学では、「腎は骨髄を主る」と云い、骨髄は腎に支えられているとも考えられています。


 


では、実際にはどうかというと、老化と共に腎は虚して(弱って)くるので、腎が主る骨は水分が少なくなり「脆くなって」きます。


さらに、腎臓の代謝が落ちると、水分の調節が上手くできなくなり「浮腫み」も出てきます。


また、朱子学では「物忘れは腎」と診ます。


骨髄の随は、「脳の随」とも関係していると考えているわけです。


 


「肩凝り」を訴える人は多いのですが、肩こりの原因は非常に多く、あまり年齢とも関係がありません。


ですから、肩こりを治めるには、その原因を探ることから始めます。


肝、心、脾、肺、腎のいずれの臓器に異変が起こっても肩凝りは出てきます。


 


中でも「ひどい肩凝り」の原因は、「腎」が多いです。


その場合は、上部胸椎に歪みがあり、ひどいのはジグザグに曲がっています。


ですから、その部で神経がゆがめられて頭痛も出てきます。


 


東洋医学には、「補腎健胃」という言葉があります。


「腎を補い」「胃を元気にする」ということですが、漢方の世界では昔から腎が重要視され、いろんな生薬や手法が考えられ、鍼灸の世界でもいろいろな治療法があります。


 


たとえば、「骨掃法」という治療法は、「骨を掃除する」という考え方もあるようで、骨をほじくるように刺鍼します。


また、台湾の「董氏の鍼」も、骨に鍼を当てるように刺鍼するのがあり、それによって「腎の治療」にもなっていると考えているようです。


 


その他、腎に関する理論や治療法はたくさんありますが、ここは不特多数が読むブログですので、腎を整える家庭療法を紹介しておきます。


30年以上前に考えた「太もも踏み」です。


このブログを読まれている方々は知っていると思いますが、太ももを誰かに踏んでもらう方法です。


 


方法は、こちらの ⇓ YouTubeでご覧ください。


https://www.youtube.com/watch?v=71JoTB3oQkg&feature=youtu.be


 

関連記事