FC2ブログ
2020/07/13

脊柱鍼の原点になる手技療法で腰痛が楽になった方

          腰痛

                     腰椎の歪み





先日、

「腰が痛い!」と来られた方がいました。



聞くと、

「左の腰が痛い」と言いますので、脊椎診をしたら、上の写真のような歪みが出ていました。

部位的に診ますと大腸の異変かと思います。

あるいは、人体惑星論を学んだ方なら、

「肝からの経筋腱収縮牽引だろう」と考えると思います。



しかし、よく診ると、肝臓部が凹んでいる様子はなく、腰椎の左側が膨らんでいる感じがするのです。

このような例は少ないので、何度か脊椎診を繰り返しました。



そこで分かったのは、左の腎臓が腫れている感じです。

脈でも問題なかったので、大腸かとも考えたのですが、腹部には痛みはありません。

なので、「脊柱鍼」の原点である手技療法で対応してみました。



すると、それがかなり良かったみたいで、

「あの腰を押してもらったのが効きましたわ、楽になりましたー」と言ってくれました。

そして、次回の予約も入れて帰られました。



脊柱鍼の原点になる手技療法とは、腎臓部を親趾で押す方法ですが、陽陵泉も同時に押します。


関連記事