FC2ブログ
2020/07/12

診断に迷ったら「七星論」で解く:足の小趾側の痛み

          小趾側
          足の小趾側が痛い


          中足骨
          経絡との関係





「左足の小趾側が痛い」と訴える方が来られました。

具体的に痛い部位を指で示してもらったら、上の写真のように示してくれた。

足の小趾の場合は、膀胱経と関係する場合があるので、京骨穴や金門穴、さらに胆経の臨泣穴辺りを触りながら、



「ここ?」



「??ここ?」



と聞くのですが、どれも違うと言う。

この方が言うには、中足骨が痛むような感じがするとのことでした。

さて、中足骨となると、関節にも痛みが出ているはずですが、中足趾節関節辺りには痛みが出ていません。



一瞬悩みながら、膀胱経への刺激で試してみましたが、どうも、「もう一つ」という感じです。

そこまで来て「ハッ!」と思い付いたのが、七星論での三次元思考でした。



そこは、中足骨になるので、七星論で考えると、「地=心包・三焦」になる。

ですから、その後に行う予定の「顔面への刺鍼」で、多分治まるはずだと考え、治療を始めた。

そして、一応の治療が済んでから、



「どう? 足の小趾は」と聞いたら、立ち上がって足を踏み込み、



「あ、なんかいいみたいです」と言う。



「多分、これで治まると思うので、きょうはそんなところで終わっておきましょうか」と治療を終了した。
関連記事