FC2ブログ
2020/07/12

鼠径部が痛くて、足を大きく前に出すことができない

FC2ブログの書式が変わったようで、個人的には書くのに時間がかかってしまいます。
その為しばらくこのブログには記事を書いていませんでした。(゚゚)(。。)ペコッ


          鼠径部の痛み

          右手の指で押さえているところが痛い




「鼠径部が痛くて、足を広げる事ができないし、右足を前に出すと、鼠径部が痛い」


という方が来られました。

治し方はいろいろありますが、とりあえず足骨鍼だけを使ってみました。

鍼はサッと刺して、サッと抜く方法なので、患者さんにすれば、

「何かしたみたいだけど……」程度のようです。

「はい。起きて座って、鼠径部の痛みが取れているかどうか確認して」と言うと、起きて座り、鼠径部を写真のように押している。


「押しては分からないんじゃないですか?」と言うと、


「立ってもいいですか」と聞くので、


「痛みが最も出る動きをしてみて!」と言うと、今度は立ち上がって、右足を大きく前に出し、


「あ、あ、これが出来なかったんです」と言う。


つまり、右足を大きく前に出すと、鼠径部に引き攣りが出て、股関節の動きが悪くなり、関節が狭くなって痛みが出ているわけです。


治療としては簡単なものです。

が、原理がわからないと、鼠径部を触ったり、太ももを触ったりすると思います。

これは、七星鍼法の基本実技で解説していますが、基本は体幹の歪みを検出することから始めるのがコツになります。(私はすぐ治療にかかります)


今まで、いろいろなテクニックを開発してきましたが、以下の8つのテクニックが使えれば、たいてい間に合います。(^^;)


・足関三穴

・仙関鍼

・回旋鍼

・足骨鍼

・巨鍼療法

・骨格矯正鍼

・筋腱鍼

・査穴
関連記事