FC2ブログ
2020/06/25

本を出す意義:鍼灸師なら「専門家(腕が立つ)と認められる」

 

上腕下部の痛みも肝経で治るのはなぜ?

 

 

私は、何人もの鍼灸師に「出版」を勧めてきました。

今回のキンドル本もその一環ですが、なぜ出版を勧めるかというと、

 

  1. 世間が専門家として認めやすくなる

  2. 執筆活動は「集中」して「真剣」になる

  3. 自分の意見を「静かに」認めてもらえる

  4. 同業者からも一目置かれる

  5. 患者さんからすれば「安心」できる

  6. 本を読んでくれていたら親近感を感じる

  7. 違う業界からも認められる

  8. マーケティングになる

  9. 副収入になる(これを期待してはいけないが)

  10. 何冊か出したらメディアに取り上げられる可能性がある
    (これも期待してはいけないが)

     

    もっとあるのですが、これだけでも大きな力になると思います。

     

    出版するには、集中力が必要です。

    準備の為に調査や研究が必要です。

    読者からの質問に答えるだけの知識が必要です。

     

    ただ、出版しても全然売れない本もあります。

    それは「人任せ」にしようとするからのようです。

    売れる本を書いた人は、それなりに売れる為の活動をしています。

     

    私は、「kindle本が売れるための方法がある」と聞いたので、非常に興味を持ち、そのグループに参加しました。

    そこは論理的でした。

    実績がありました。

    すごく納得しました。

     

    キンドル本の出版は、ある意味「ブルーオーシャン」です。

    今度の日曜日(6/28)には、「ゆる~~いZoom会議」でそんなことを話してみたいと思います。

     

    ハガキなどでの案内はしませんが、興味のある方はご一報ください。

    Zoom のアドレスをお送りします。

    0667657622(新城針灸治療院):当日受付は致しません。

関連記事