FC2ブログ
2020/06/25

物忘れや更年期障害を訴える方がいなくなった:頭蓋JAAのDVD編集から

 

 

         YNSAの頭部配置図

 

この3日ほど、本の出版準備をしていて、ようやくコーディングに出すことができた。

コーディングとは、Amazonにアップするための変換です。。

編集をしながら、いろいろ考える事がありました。

 

電子本の出版だと、かなり安く出版できる。

ということは、本を書きたい人に書いてもらうことができる。

そして、読者の負担も軽くなるので、健康意識を高めることもできる。

 

同時に、今「しちせい特殊鍼法研究会」の会員さんに配布しているいろいろな動画を電子書籍にできたら、更なる進歩があるのではないか、とかと。

 

それで、出版の準備が済んだので、夜中の2個ごろから「研究会」の皆さんに配布するDVDの編集をしていたのですが、そこで気付いたことは、

 

  1. 最近「もの忘れ」を訴える人がいなくなったこと

  2. 更年期障害の症状を訴える人がいなくなったこと

  3. 「眉毛の凝り」への鍼の方法


上の図を見るとわかりますが、それらの症状は、「脳幹」「大脳」「E点」「G点」に関係するところなのです。

つまり、それらに関係する症状が改善されてきた、というように考えてもいいと思います。

 

頭皮鍼の種類はたくさんありますが、頭部への刺鍼は即効性があり、時に「身体の深部」への治療にも著効を示す場合があります。

七星論での頭皮鍼は、パフォーマンスによく使うのですが、身体の歪みを「瞬時」と言っていいほど早く改善させることができます。

 

これから夏になると、お腹を冷やす嗜好品が増えてきます。

お腹が冷えると頭は暑くなります。

その結果、体調が急変する症状が多くなります。

 

そのような場合に、この「頭蓋JAA」は役に立ちます。

あ、物忘れが多くなるのもお腹の冷えと関係があるようですよ。(^^)


関連記事