FC2ブログ
2020/06/08

股関節が痛くて足を広げられない:せんかん鍼の使い方

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。




写真① このようなポーズが全くできなかった(ご本人ではありません)



写真② 大内転筋と小内転筋



写真③ 短内転筋と長内転筋


股関節が痛くて、足を広げる事が出来ない。
写真①のようなことは、もちろんできない。

このような場合、筋骨系をメインに考えると、内転筋群と考えてしまうかも知れません。
実際、先日来られた方も、4年ほど股関節の痛みに苦しんだようです。

同じ病気や症状で長く患っている方の特徴として、
「治療法を信じない」というのがあります。
この方も、そのような感情がビンビン伝わってきましたので、最初に股関節の痛みを取ることにしました。

筋骨系の治療では、骨格の歪みを調べることから始めたほうがいいので、

「座ったまま足を広げてくれませんか」と言うと、

「できないんです」

「いやいや、できるだけでいいですから」と言うと、座位で膝を立てたまま、左足だけ倒そうとするのですが、倒れません。

「これだけです」と言いながら、内転筋群を自分で解し始めた。

「あ、ちょっと待って。この股関節の痛みは、そこが原因ではないんです。骨盤の関係なんですよ」

と言いながら、せんかん鍼をした。

「はい。起き上がって先ほどのように膝を立てて、左足を倒してみてください」

今度は、先ほどより股関節が開いたのですが、まだまだ広がると思ったので、
「この症状は、実は大腸とも関係があるんです。ちょっと仰向けに寝てみて」

と仰臥になってもらい、軽く下降結腸を解した後、
「はい。またも起きて確認して見てください」と、股関節の開き具合を確認してもらった。

ちょっと驚いた顔をしていました。
多分、これまでは「写真②や写真③」の内転筋群の調整を主にしていたのではないかと考えられた。
「写真②や写真③」を見ると、普通はそう考えますよね。

だけど違うんです。
「せんかん鍼」は、どちらkと言うと「骨格矯正鍼」に入るのです。
つまり、骨格矯正鍼で筋肉まで整えたのです。

「しちせい特殊鍼法研究会」の皆さんには、今週「せんかん鍼」のビデオを配布することになっていますので、せんかん鍼の刺鍼方法や刺鍼部位はすぐにわかります。

そして最後にこういう質問をしていました。
「10年ぐらい足が開かない人がいるんですが、そんな人でも治りますか?」

私は、こう答えました。
「診ないとはっきりとは言えませんが、ある程度は治せると思いますよ」と。
関連記事