FC2ブログ
2020/05/31

背中が詰まっている感じで辛いときの治し方(次回臨床実践塾の準備)

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。





七星論での背部への七星配置
(黄色く塗ったところが詰ると言っていたところ)




「首の下から肩甲骨の間が詰まっているようでシンドイ」という方が来られました。
上図の黄色く塗ったところが「詰まっている」と言うのです。

普通は、
「頭を後ろに倒すことが出来ない」とか
「首が倒せない」とか
「肩甲骨の間が凝っている」と言うのですが、どうも、それらには当てはまらない気がしたので、背中に回り、

「ここら辺ですか」と、胸椎を挟むように、上かた下に撫でてみたら、

「ああ、気持ちいいです」と言うので、絞り込む為に

「ここですか?」

「ここですか?」

と上から下の方に、ずらしていったら、ずらすたびに、
「はい」
「はい」

と「全部」が該当するようなことを言っていました。

そこは、胸椎上部なので、主には肺、心包、心、肝が絡んでいます。
しかし、この方は、全てが絡んでいるような感じでした。

経絡治療で取れることはわかっていましたが、人体惑星試論(通称・七星論)は、三次元思考で考え出した「診断・治療」の方法なので、三次元的な発想で考えることはできないものかと思いました。

ありました。

一本の鍼で一穴に刺鍼して症状が取れたのです。
鍼をしてから、
「どうですかネ?」と聞くと、

「あ、取れました。楽になりました」と言ってくれました。

傍で見ていたスタッフは、「えっ?」という顔をしていましたが、質問の仕方も思いつかなかったようで、ただただ、見ているだけでした。

面白い治療法です。

上図を見るとわかるように、頚椎6番ぐらいから胸椎6,7番ぐらいまで詰まった感じがするのを、たった1穴に鍼をしただけで取れてしまうのですから、驚きます。
この実技は、ウエブでは難しいと思うので、コロナ騒動が納まったらリアル講習を開催したいと思います。
関連記事