FC2ブログ
2020/01/25

左の仙腸関節が硬くて股関節が開かない (1/26の臨床実践塾)

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。




ここら辺が痛いです 



先日、治療の途中で左の股関節が開かない方がいました。
まるで「得意技見せてくれ」と言われているようなものです。
「あれ、左の股関節が開かないですね」と言うと、

「そうなんです。硬いですよね」と言う。

「どんなん。どんなん。やってみてくれない」と言うと、笑いながらこんなことを考えているように思えました。

「先生、喜んでいるんでしょう」

「いやいや、喜んではいないのだが‥‥。何か嬉しくてね!」

「あ、やっぱり喜んでる!」



「これ、すぐ治るんで、写真撮らせてくれない?」と聞くと、

「いいですよ。どうすればいいですか」

「向こう向きに寝て、痛みの出るところを触ってほしいんですが‥‥」

「そうそう、それでいいですよ」、、、パチリ!!!

で、
「これって、面白いですよ。10秒ですから10秒」と言いながら、横向けに寝てもらい、せんかん鍼をしました。
その日は、特に調子が良く、スーッと鍼が入ったので、サッと鍼を抜きました。

10秒もかかったかな、という感じです。
それから、仰臥になって両膝を立ててもらい、片足ずつ倒してもらったら、先ほどまで倒れ難かった足が、バタンと倒れるように開いたのです。

それにはご本人もちょっと驚いた様子で、
「あ、ほんとにスッと行きますね。あんな簡単な方法で、すごいですね」とか何とか言っていました。
(簡単じゃないんだけどなー・笑)

筋骨系の治療は、ほんとに「アッ」と言う間に変化させられるので、楽しいものです。
おっと、楽しいなんて言うと怒られるので、
「やりがいのあるもの」と言っておきましょうかね。

今度の臨床実践塾 は、久しぶりの方や初めての方も来られるので、ワクワクしています。(^_^;)
関連記事