FC2ブログ
2019/12/12

ホームページを更新しました (12/22の臨床実践塾)

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。




せんかん鍼をしているところです



ホームページを  更新しました。


「足関三穴」と「回旋鍼」を開発してから、
「しばらくは新しいテクニックは出てこないだろう」と考えていたのですが、
「せんかん鍼」というテクニックが出てきました。

そして、その「せんかん鍼」から、あるヒントがあって、「筋腱鍼」(10年ほど前に開発したテクニック)の新たな理論が生まれました。
その理論を使うと、関節の痛みを和らげることができます。

肩関節痛、首痛、膝痛、足関節痛といろいろな部位に使えるのです。
しかも、手技療法での治療です。
痛みというのは、多くが関節に関係しているので、関節調整ができれば多くの痛みを取り去ることができます。

手技療法ですので、その場で、その部位だけをパッと治められるという利点があります。
12月22日の臨床実践塾は、そんな治療法を照会したいと思います。
理論は簡単ですので、主に実技になると思いますが、このテクニックを身に着けておくと、サッと痛みを取ることができますので、患者さんからの信頼が増すのではないかと考えています。

上の写真の方も、左肩に痛みがあったのですが、そのテクニックで痛みを半減させることができました。
おもしろいテクニックです。
楽しみにしていてください。

あ、今回は、何人かにハガキでご案内しようと考えています。
関連記事