FC2ブログ
2019/10/09

週末開業は情報発信で集客状況が変わる Part10 (11月3日の臨床実践塾)

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。




スタートアップ 



MBAを学ぶときに教えられることは、第一に、お客さんは何を求めているのかを考える。
・・・探す。
それを解決できる方法はあるのか。
・・・自分にそのノウハウがあるのか。
・・・ノウハウがなければ学んで身に着けられるものなのか。
という簡単な構図から始まります。

つまり、お客さんは何に悩んでいるのか。
自分はそれを解決できるのか。
解決する方法を提供している人(会社)は他にあるのか。
自分がそこに参加するとなれば、立ち位置はどこになるのか。
自分には、それに役立つブランドはあるのか。

そして次に、
お客さんの悩みを解決する方法を計画する。
つまりサービスになるのですが、そのサービスを受け取ってくれる構図が必要になります。
治療院で言えば、
① 診断が的確
② 早く治せる
③ どんな病のことでも相談できる
④ 治療費が高額でない
⑤ 明朗会計である

などなどが受け取りやすい構図になるはずです。
これは、自分が治療院を探すときに、どのようなことを考えるのかを考えるとわかることですが、最近では、高額治療費のところがだいぶ出てきました。
それは、同業者の誇大広告に引かされたからだと思いますが、妥当な価格を考えたほうがいいと思います。
つまり、患者さんが納得して支払える金額になるわけです。

それらが準備出来たら、いよいよ集客になるのですが、この「集客業務」というのは、営業を続ける間、継続する必要があります。
私も思うことがあり、時々集客セミナーを受講しに行くのですが、そこで聞く話の多くが、「成功物語」で、つまずいた人の話はあまり出てきません。

ほんとは、「つまずいた話」が重要なのですが、そんな話をすると、受講生が散ってしまうので、そんな話はしてないと思います。
※ MBAを勉強しているときは、その部分はかなり勉強しました

さて集客に必要なのは、
「困っているだろうと思われる人に有益な情報を与える」ことにあります。
ですから、
・ 〇〇の症状で困っていませんか
・ それは背骨が原因かも知れません
・ 骨盤が歪むと〇〇が痛くなります
等々と書かれたホームページがそれに当たります。

そこまで来たら、次は「発信」です。
※ 知り合いへのハガキ
※ チラシまき
※ SNSでの告知
※ 広告
※ 交流会などへの参加

その場合、開業して「何日かは無料」にすると、お客さんは喜んでくれるかも知れません。

いろいろありますが、無難なのはFacebookやLINEやYouTubeなどでの告知ではないかと思います。
但し、SNSを利用するときに気を付けなければならないことがあります。
① 自分の記事が他人をキズ付けてないようにする
② つながっている「友達関係」を切らない

その他に、名刺を作ったり、帳簿を作ったり、部屋を整えたりという仕事もありますが、それらは楽しいことなので、自然にできてきます。

そのような順序で開業に向けての準備を進めていきますが、できるだけ「メモ」でもいいから書いておくことです。
できれば、そのメモを壁やドアに張り付けておくといいです。
書かないと、必ず抜ける部分が出てくるので、書いたほうが賢明です。
関連記事