FC2ブログ
2019/09/26

週末開業でも……。 週3日の営業でも、、、。 Part1 (11月3日の臨床実践塾)

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。




大坂ミナミの街 



何人かの鍼灸師から、
「先生のところのように仕事がしたい」と言われたことがあります。
それは何かと言うと、
「週に3日ほど治療して、後は好きなことがしたい」というわけです。

ごもっともな話ですが、最初から週3日というのは難しいと思うので、最初は「週末営業」にしたらどうかと答えるようにしています。
特に、鍼灸学生などの場合は、私がやってきたようにすれば、週末営業でも、一般サラリーマンぐらいは稼げると考えているのです。


最近は治療関係にも「経済至上主義」が流れ込んできて、セールスレターなども激しい宣伝文句が書き並べられています。
しかし、実際にはどうなんでしょうか。

全くの素人が、すぐに何十万円、何百万円という売上が上げれるのでしょうか。
仮に売上が上がったとしても、その裏で「犠牲になっているモノ」があるのではないでしょうか。

ヒトは経済を優先すると「人間性」が失われやすくなります。

「稼げないヤツはバカだ」

「これだけ稼いでいるのでオレは偉い」

「これだけ稼いでいるのだから何を言ってもいい」

みたいに言いながら沈んでいった治療師が何人かいます。
現状からすると多分、もっと沈む人がたくさん出てくると思います。

それは、治療の勉強方法にも問題があると思います。
たとえば、

① 簡単に学べて、利益の上がりやすいのを学ぶ。

② 学ぶのに時間のかかるのを避けて学ぶ量を減らす

③ 単純作業的に、考えなくても学べるのを選んで学ぶ

④ 楽しくなくても「仕事」と割り切って学ぶ

というように考えている人たちです。
あ~あ、つまらないですね! (^o^)

でもね、でもね。
経済を追いかけないで営業する方法はあるのです。

バーンと稼いで、ドボーンと落ちない経営方法はあるのです。
関連記事