FC2ブログ
2019/06/04

ビックリしました!!! 80歳の方への足関三穴

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。




治療後に驚くほど足が挙がりました 



上の写真は、足関三穴で治療した後撮影したのですが、80歳の方です。
驚きました。
80歳ですよ。

この原因は、筋骨系で診ると(あくまで筋骨系で考えた場合)、殿筋やハムストリングスの関係になると思われますので、ハムストリングスに関係する部分を抜粋しますと、以下のようなものです。

① 右後腸骨稜辺りが痛い

② 右足だけ太ももにかけてもだるい

③ 立った時に、右に傾いている感じがする

④ 仰臥で太もも裏のストレッチをして足を背屈させたり底屈させたりすると太ももの裏が痛い

鍼をする前から軟らかかったのですが、足関三穴に鍼をした後、足を挙げてもらったら、ピユーンと挙がるので、思わず「あっ!」と叫んでしまいました。(^_^;)
治療をされている方ならわかると思いますが、80歳で、こんなに足が挙がるのにはビックリですよねー。

なので、
「すみません。もう1回挙げてみてくれませんか」と再度足を挙げてもらいました。

やっぱりピューンと挙がりますので、

「あの、すみません。この挙がり具合をブログに載せたいので、写真を撮らせてくれませんか」と言うと、

「はい!」と返事をして、またもピューンと足を挙げてくれました。

「何度もすみません。どこが痛かったかわかるように、痛かったところを手で押さえながら足を挙げてくれませんか」と何度も足を挙げてもらいました。

すると、太ももの後ろ(ハムストリングス)の辺りを触って、
「これでいいですか?」と言いながら、全く苦にならない感じで、ヒョイヒョイと足を挙げて見せてくれるのです。

ありがとうございました。
そして、参りました。
80歳ですからねー。 \(◎o◎)/!

「で、どうですかね、太もも裏の痛みは」と聞くと、

「まだ、ちょっと痛い感じがします」と言うので、骨盤調整をすることにしました。

起きて座ってもらい、横座りをしてもらうと、左にお尻を落とすのがちょっと苦しそうです。
そこで、骨格矯正鍼を使って、骨盤を調整しました。
「はい。これで多分大丈夫ですので、先ほどみたいに寝て、足を挙げてみてくれませんか」と言うと、

その通りにして、
「あ、痛みがなくなりました」と言ってくれました。

それから、臓腑を整える鍼をして治療を終えたました。
再発を防ぐために臓腑を整えたのわけです。

そして、治療が済んでから、
「気持ちいいわー。気持ちいいですねー。真っすぐ立っているのがわかります」と言いながら、一緒に来られた方にも、このことを一生懸命説明していました。

関連記事