FC2ブログ
2019/05/27

きのうの臨床実践塾もおもしろかった (/・ω・)/ 

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。



セミナー風景 




安心してください。男性です。(^o^) 



きのうはスタッフ講習の延長線上にあるセミナーを行いました。
案内ハガキも少人数にしか出しませんでしたので、15人ほどのセミナーでしたが、中身は濃かったです。

中身が濃い理由としては、モデル志望者が何人もいたし、途中で急患にも来てもらい、その患者さんもモデルになってもらったからだと思います。
セミナー中は、急患でも受け付けないのですが、たまたまその患者さんが、セミナーの内容に則した症状でしたので、来てもらい、臨床のモデルになってもらいました。

上の腰部の写真は、セミナー参加者の先生ですが、赤いマジックと青いマジックは、ビフォーアフターを示しています。(赤色がビフォー、青色がアフター)
セミナーですので、参加者の皆さんに脊椎を触ってもらい、それから「足関三穴」に鍼をして(ほとんど即刺・即抜)、その後、再び参加者の皆さんに確認してもらいました。

たった1分程度の鍼で、右足に3本鍼をしただけでこんなに変化が出るのです。
その他には何もしていません。
それが「足関三穴」なんです。

考えられますか?

このように、目で見て、指で触って確認をし、その変化を耳で聞いていますので、治療の仕事をしている方なら「燃える」はずです。

はい。燃えていました。(^_^;)

燃えた状況は、練習をするときの顔や真剣度に現れますので、きのうは熱気がムンムンしていました。
「暑い!」と言うより、「熱い!」という感じでした。

その他いろいろやったのですが、セミナーが終ったら親睦会です。
きのうは、第一部だけでしたので、4時には終わりました。
なので、いつものお店は予約できません。
ですから、近鉄百貨店の和食レストラン「月日亭」へ行きました。

親睦会に参加した方は9名でしたが、面白い話をする先生がいて、始終笑いながらお話をしていました。

以上が昨日の簡単なご報告ですが、6月は当院スタッフで、摂南大学でスポーツトレーナーもしている先生と一緒に、「スポーツ鍼灸」のセミナーを開催しようとかんがえて います。

そして、昨晩、セミナーに参加された医師の先生からメールがあり、
「脳の診断と刺鍼法についてお話をしたい」ということでした。
ですからもしかしたら、6月30日(日)のセミナーは、第一部、第二部と開催することになるかも知れません。

この脳の診断と治療法は、何か月か前に私は個人的に教えてもらったのですが、かなり面白いです。
かなり即効性のある治療法です。
その先生とは、これから相談しますが、期待してもいいです。
関連記事