FC2ブログ
2019/05/25

腎臓結石と足関三穴(5/26の実践塾)

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。



矢印で示した所が痛かったそうです 



こんな方が来られました。
===========================
5月6日に腎臓結石になった。
今は小さくなって溶けてしまった。
しかし、CTで尿管の狭窄が見つかり、手術をする予定です。
右腰からお尻、太ももにかけて張って痛いです。
肩凝り、背中の強張りがある。
お腹が痛い。
===========================

足関三穴の対象になる症状ですので、先に足関三穴をしました。
それから、
「どう? 腰の痛みは取れた?」と聞くと、

仰臥になったまま、右足を挙げて、

「あ、取れています。痛くないです。張りがないです」と言う。

「この鍼、すごいねん。いろんなところが治りますよ」と言うと、お腹を触り、

「あ、お腹も軽くなっています」と言う。

肩凝りや背中の強張りは、その時は確認しなかったのですが、治療が済んでから、
「肩も背中も軽くなったわー」と言っていました。
特に肩凝りなどへの治療はしてないのに、です。

最近開発した鍼ですが、ほんとにすごいんです。
私自身が毎日ビックリしているくらいです。
この鍼があれば、かなり即効的にいろいろな治療ができそうなのです。

この鍼を開発する何年か前に「一穴整体鍼」と言うのを発表したのですが、その一穴整体鍼より何倍もの効果があります。
ただ、心配なのは、駆け出しの人がこの鍼を覚えてしまうと、診断の勉強しなくなるのではないかといことです。

そんな事を言うと、
「治ればいいじゃないか!」と言われそうですが、ひとつのテクニックで全て治るというのはないので、診断の勉強はしてほしいと考えています。

と言うのは、
このテクニックだけで治まらない人もいるからです。
それは何かと言うと、筋骨の大きな歪みがある時で、骨盤の捻れなどがあるときがそうです。
骨盤の捻れは、肝、腎、大腸、生殖器などの異変でも起るので、その異変を整えることができなければ、骨盤の歪みを整えることができないし、足関三穴の効果も弱くなるわけです。
関連記事