FC2ブログ
2019/03/08

新しいスタッフへの院内講習

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。



私の足で刺鍼訓練をする新しいスタッフ 



きのうから新しいスタッフが来たので、時間の合間を見て、私がモデルになって刺鍼の訓練をしてもらいました。
彼女は、看護師であり鍼灸師であり、前に勤めていた鍼灸院では「美容鍼」もしていたそうです。
当院では、取穴の仕方や鍼の打ち方がちょっとだけ違うので、その練習をさせたわけです。
ま、院内講習のようなものです。

鍼を打つのは慣れているようで、痛みを感じさせずに刺鍼していました。
ですから、技術的には問題ないと思いますので、あとは患者さんが慣れてくれるだけの問題です。
いくら技術がよくても、患者さんがそのスタッフに慣れてくれないと治療がスムーズにいきません。
買い物に行ったとき、「初めての定員さんより馴染みのある定員さんが好まれる」のと一緒です。

きのうは初日とあって、多少の緊張はあったと思いますが、月、火、水は病院に勤めていますので、「仕事は慣れている」という感じでした。

それでも一応、「痛くない鍼の打ち方」も教えるつもりですが、前に勤めていた鍼灸院で「美容鍼」もやっていたとのことですので、痛くない鍼の打ち方は心得ているようでした。
でも、やっぱり、実技を見てみないと……。

新しいスタッフが入るたびに、私がモデルになって鍼を打たせているのですが、やはりちょっと緊張します。(^_^;)
ですから、そばに慣れたスタッフを立たせて、間違いがあったら注意してもらうようにしてもらいました。

が、そんなに間違うこともなく、スムーズに熟していました。
そして、太ももふみのやり方などもしたのですが、これは難しいことはないので、難なくマスターしたようでした。

鍼の打ち方が済んでから、手技療法での「1分でできる脊椎の緩め方」を教えました。
これは私もモデルになってやってもらったのですが、これは気持ち良かった。
眠たくなるほどだった。(^o^)

これから何日も新しいスタッフに治療の訓練をさせるのですが、空き時間にしかできませんので、七星論の基礎技術を覚えてもらうだけでも、やはり1か月はかかると思います。
と言っても、うちは木、金、土の三日しか営業してないので、正味12日ぐらいのものです。

でも、看護師の資格も鍼灸師の資格も持っている人なので、学ぶのは早いと思います。
明るい方なので、患者さんともすぐに打ち解けると思います。
関連記事