FC2ブログ
2019/01/23

骨格矯正鍼について 「DVDセミナーで道標を!」

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。



骨格は捻じるか曲げるか引っ張るかで歪みが見えてきます 



このブログで、何回も骨格矯正鍼の話をしたし、臨床実践塾でも何度か説明をしてきました。
それは、このテクニックが簡単でありながら、治療効果が高いからです。
ただ、このテクニックを使うには、先に歪みの検出をしなえればならないのです。

歪みの検出も難しいものではないし、論理的なので、覚えやすいものです。
それは、体の歪みのパターンから考えられた評価法(検査法)で、これを覚えると、即、オステオパシーのような治療テクニックにも応用できます。
いや、オステオパシーで解説されていることが、分かり易くなる、と言ったほうが正解かも知れません。

骨格矯正法には、手技療法のテクニックが多いのですが、このテクニックは「骨格矯正鍼」と言い、「鍼」による矯正です。
脊椎を始め、四肢の矯正までできる方法です。
四肢まで矯正できる方法なのですが、セミナーでは、四肢の矯正法はサーッと流してしまうので、受講者の記憶に残るのは少ないようで、忘れてしまう人が多いようです。

このビデオには、「動診」という動きを使った分析法で、胸椎、腰椎、骨盤、四肢の評価法(診断法)を説明していますので、筋骨系の勉強をしたい方は、ぜひじっくりと視聴してください。
※ 筋骨系の治療は「瞬間的」ともいえる速さで効果を見せることができるので、臨床家になりたい人は勉強したほうがいいです。

このテクニックを覚えるだけで、臨床が楽しくなりますし、患者さんからの信頼も厚くなります。
それは何故かというと、診断をしながら矯正ができるからです。

たとえば、「こちらに曲げにくいのですね、ではちょっと鍼をさせてくださいね。はい。先ほどのように動かしてみてください。はい。治ったでしょ……」という感じの早さで矯正ができるからです。

その時ほとんどの患者さんは笑います。

これは、私が鍼灸学校へ通っている頃から、各地の講演や講習で公開してきましたので、知っている人は多いと思います。
でも、知ってるからといって、それができるかというと、それは別問題です。
知ってるのとと、やってるのとでは違うからです。

「知ってる」というのは、「見たことがある」でも「知ってる」となるからです。
ここは大切なところですので、繰り返しますが、治療テクニックは、「見たことがある」とか、「聞いたことがある」では何の役にも立たないのです。
自分が使えて、初めて「知ってる」と言ったほうがいいと思います。

もうすぐ始める「DVDセミナー」では、先にDVDを視聴してもらい、後日「スクーリング」という形で実技講習をする予定にしていますので、多分記憶に残る率は高いと思います。
ですから、今回の「DVDセミナー」は、「奥義講習会」のようなものです。

そして、この「DVDセミナー」は、会員制にしようかと考えています。
会員制にして、会員だけのページを作って、会員からの質問にも細かく答えていこうと考えています。
所謂、「ケーススタディ」になるので、分かり易いし、覚えやすいと思います。

というのは、ブログだと、不特定多数が見るので、「秘伝」は書けないし、「重要なポイント」も書けないのです。
何故かというと、今の時代は平気で人のモノを、自分のモノのように公開する人が多いからです。
ですから私のブログは、スレスレまでしか書きません。(← ちょっと意地悪?)
本物か偽物化を区別させるためです。

そして、もう一つ大きな理由があります
それは、
「新城のブログに書かれた方法でやってみたのだが、ぜ~んぜん効かなかった」と言われるのが嫌なのです。
駆け出しの人が、ブログを読んで臨床をしても、患者さんの体位、ツボの位置、鍼の刺し方、患者さんを動かす順序が違うと、効かない場合も多いからです。

そのためにスクーリングをして「使える」ようにしたいのです。

「DVDセミナー」への参加方法は近々ご案内させていただきますので、少々お待ちください。
関連記事