FC2ブログ
2018/12/20

腰痛なのに首ですか? 新・頸椎矯正法 (12月23日の臨床実践塾)

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。

 

 

ビフォー         アフター

やらせではありませんよ。本人は必死ですから (^o^)



21歳の男子が腰痛でやってきました。
今日で2回目です。
前回の治療で3日ぐらい楽だったそうですが、徐々に痛くなってきたそうです。

この方は、鍼灸師なので、「何かためになることを教えておこう」と思い、左の腎査穴を指で軽く押して、
「はい。前後に曲げてみて」と言うと、立ち上がって腰を前後に曲げていましたが、よく曲がるので、笑っていました。

そして、
「実はこの腰痛は腎臓が関係しているので、腎臓のツボを軽く触っただけで腰が曲がりやすくなったんです。そして、腎臓に異変があると、頸椎1番も歪んでいる場合が多いので、ちょっと頸椎を調整してみましょうか」と頸椎を調整したら、手応えを感じたので、

「はい。もう一回床に降りて腰を前後に曲げてみて」と言うと、その通りにしていました。

あまりに曲がりすぎるので、またも笑っていました。
多分、彼の頭の中でも「?????」だったと思います。

さて、何故「腎臓と頸椎1番が関係するか」ですが、これは七星論(人体惑星試論)を勉強した方にはわかるはずです。
七星論では、「腎は水に属する」と考えています。
そして、「頸椎1番も水に属する」と考えているのです。
ですから、頸椎1番を動かすことは、腎臓を動かしているようなものなのです。

つまり、頸椎への七星配置で、頸椎1番が水、2番が金、3番が地、4番が火、5番が木、6番が土、と並んでいるわけです。
ですから、どの頸椎に異常があるかを知るだけで、どの臓腑を治療すればいいのかがわかるわけです。

新・頸椎矯正法は、肩がものすごく楽になるので、肩を触って硬ければそのまま新・頸椎矯正法を使っているのですが、ほんとに効果的な頸椎調整法です。
関連記事