FC2ブログ
2018/12/18

下痢? 薬の副作用?

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。



天枢へ千年灸(部位が少しズレているのは手の感触で取穴するからです)



1998年からの患者さんです。
この方は「家族性高コレステロール血症」の方で、高い時には総コレステロールで600㎎/dlもあり、当院でも食事療法を始め、いろいろな方法を試してきました。

一番効果があると思われたのは、巨鍼を刺したまま30分ほどそのままにする、「長置鍼法」という方法でした。
その30分の間は、治療院に居ても仕方がないので、鍼をしたまま近くの喫茶店やデパートに出かけてもらいます。(巨鍼に慣れた患者さんだけです)

その「長置鍼法」の試験段階で、私がモデルになり、背中に巨鍼をしたまま仕事をしていました。
長いときは7時間ぐらい鍼を刺したまま仕事をしていました。
そういうことを何度もやっていると、感覚的に「これぐらいだな」というのがわかってくるのです。
それが、30分だったわけです。

さて、この方は「家族性高コレステロール血症」がありますので、なかなかコレステロール値が下がらなかったのですが、長置鍼法を使い出してから、劇的に下がりました。
と言っても、薬を飲みながらですが、まだ200台もあります。
正常値が220㎎/dl以下なので、もう少しです。

でも、問題はLDLコレステロールで、その数値は、170ぐらいあります。
正常値が59-139なので、やっぱりそれも高い値になります。

家族性高コレステロール血症というのは、コレステロール値が高くなる遺伝子を両親もしくはどちらかから受け継いで高コレステロール血症を発症する病気ですので、遺伝性の難しさを思い知らされる感じがします。

家族性高コレステロール血症において値の高くなるコレステロールは、LDLコレステロールです。
代表的な症状は、「高コレステロール血症」での、皮膚、腱、臀部や指の間に見られる「黄色腫」ですが、心筋梗塞などの原因となる「冠動脈硬化症」もあります。
この方も、医師に「冠動脈硬化症の危険がある」と言われ、画像を持って相談に来ました。
私のように鍼灸師の立場で、意見をすることはできないので、判断をご本人にしてもらって、カテーテル手術を受けました。

そして、病院でいろいろ薬を替えてくれますので、薬が原因とは言いませんが、めまい、不眠、胃もたれ、腕や股関節の痛み、肩甲骨間の凝り、だるさ、アキレス腱の痛み、腰痛、湿疹、下痢、便秘、等々といろいろな症状が出てきます。

多くの症状は、特殊鍼法で治められるのですが、7月から始まった下痢が、9月に一時は止まったものの、すぐに下痢が起こるのです。
「多分、カテーテル手術が原因して、心臓がおかしくなっているのだろう」と考えていましたが、脾経からの症状も出ていましたので、11月に天枢に千年灸をしました。

天枢へのお灸なんて、何年も使ったことがないのですが、天枢は七星論で観ると、「脾経」に関係してくるのです。
そして、天枢を触ると冷えもあったので、天枢を使ったわけです。

すると、千年灸が功を成したのか、下痢は止まったそうです。
しかし、「今度は便秘になった」と言います。
下痢よりも便秘のほうが治しやすいので、あまり心配はしてないのですが、次から次と出てくる症状は、長年飲み続けた薬の副作用もあるのではないかと考えてしまいました。

となると、お腹の掃除も考えなくてはなりませんので、これまでやってきた「腸の掃除」をいくつか提案してみようかと考えています。
頼りない記事になってしまいましたが、難しい病気の流れを説明したかったので、ご了承ください。
関連記事