FC2ブログ
2018/11/25

手があがらない、後ろに回らない:五十肩の手技療法での治し方 (11/25の臨床実践塾)

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。

 

服が透けていたので加工させてもらいました (^o^)



きょうの実践塾では、中心(脊椎)から波及する歪みと、末端(手足)から波及する歪みの治し方の説明をします。
たまたま昨日来られた方が、「腕が後ろに回らない」と言う、タイムリーな方でした。
正に、  きょうの臨床実践塾  のために来てくれたようなものです。

そこで、
「どんな感じですか。動かしてみてください」と言うと、左の写真のようにしか動きません。
「五十肩みたいですね」と言うと、

「おほほほ、そうなんです。50肩ですよね。70過ぎても五十肩なんですよね、おほほ」と言いながら笑っていました。
そこで、
「写真を撮らせてくれませんか。ブログのネタにしたいので……」と言うと、

「はいはい。いいですよ」と答えてくれました。

それから、
「これは肩の問題ではなくて、肘の問題のようですので、手と肘から治しますね」と言い、手骨の関節と橈尺関節を調整して、

「はい。先ほどのように曲げてみてください」と言うと、腕を後ろに回して、

「あらま! 曲がりましたよ」と言います。

「そうなんです。この場合は、手と肘に問題があったのです」と言い、さらに続けて手関節や肘関節の調整をしましたら、スムーズに動くようになりました。
そこで注意してほしいのは、この写真を撮るまでは、一切肩を触っていません。
理由は、きょうの実践塾で、その話をしようという下心があったのと、肩が痛くなってから時間が経ってなかったからです。
(発症して日にちが経過したのを1回で治すのは無理です)

その後に他の治療にかかりました。
ただ、運動器障害の問題でも、事故などは別にして、自然発生の障害の場合は、必ず臓腑の問題がありますので、他の治療と同時に、問題と思われる臓腑の治療もしておきます。

五十肩の治療で悩んでいる治療師なら、「手首と肘関節だけで治すなんで、そんなの嘘だー!」と言うかも知れませんが、スタッフも見ている前でやっているし、嘘を書いたら信用がなくなるので、嘘は書きません。
関連記事