FC2ブログ
2018/10/16

10月28日臨床実践塾:風邪の原因と風邪を簡単に治す方法

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。


腎胆鍼



10月は東京で講演がありました。
その講演の中で、反響の良かった部分を解説します。
しかし、「ただの再現」では面白くないので、当院での臨床例を紹介しながら解説させて頂きます。

臨床が上手くなるには、臨床を見たほうがいいので、臨床方法を解説しながら、理論的なことも説明していくのが目的です。
「理論なくして臨床なし」です。
「ちゃんと説明できるのがプロです」ので、理論的なことを学んで説明できるようにします。

たとえば、S字状に曲がった脊椎の原因は何でしょうか。
そして、それを整える治療法にはどのような方法があるのでしょうか。
さらに、そのようにならない為には、どのような工夫が必要なのでしょか。

これから「風邪の季節」になりますが、風邪を治すポイントは何でしょうか?
そして風邪をひく原因は何でしょうか?
答えは非常に簡単なことですが、それを知らない治療師もたくさんいます。

鍼灸師にそのような話をすると、
「督脈での気の流れが悪い」とか
「肺が虚している」とか、
「免疫力が低下している」
なんてことを言い出します。

どれも正解かも知れませんが、手間のかかりそうな答えだと思います。
風邪を治すには、そんなに難しいことではありません。
風邪なんて、簡単に治せるのです。
どんな方法かは書きませんが、とにかく簡単なのです。

と、今回の講習は、普段我々が臨床で見ても、見落としている症状や、診断、治療法なども取り上げてみたいと思います。


また、第一部では、リズムに乗って、軽快に講義を進めていく女性の講師が担当することになりました。
内容は、
≪脈診ができなくても診断ができる≫という感じになるそうです。

興味深いです。
どのような流れになるかわかりませんが、こちらの先生の講義は、「あれよあれよ!」と言ってる間に前に進んでいきますので、目をパチクリさせながら聞いてください。(笑)
関連記事