FC2ブログ
2018/10/03

左中指の第二関節(PIP関節)が痛い (日本中医学会・東京講演の準備)

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。


ここが痛いんですが、何かあるのでしょうか



はい。これで痛みは取れたと思います



東京で開催される「日本中医学会学術総会」での講演準備で、ブログを書くのがおろそかになっていますが、講演準備のパワーポイントに「頭部七星」のことを書いていたら、先日の患者さんのことを思い出したので、ちょっと書いておくことにします。

上の写真で、患者さん自身が指で差し示している関節(PIP関節)が痛いという方が来られました。
この指は、経絡で言うと「心包経」になります。
ところが、七星の関節配置で言うと、「木」になるのです。

では、どの経絡を使って治療したらいいかと言うと、以下のように考えます。
最初に心包経を使って症状を軽くして、それから肝を整えればいい。
理由は、

① 最初に「治る」と思ってもらうために心包経を使うわけです
(肝経でも取れますが、表在の痛みは経絡を使うのが早いからです)

② 次に、心包経に異変が出た原因を治めるために肝を整えます
(これをしないと再発する可能性が高くなります)

指の関節は、手技療法でちょっと関節を操作するだけで、一時的には治ったような感じになりますが、なかなか治りが悪い場合もあります。
それは、私のブログへのア検索結果からすると、指関節の痛みなどで困っている方がずいぶんいることからもわかります。
「根本的な治療」をしなければ、再発を繰り返すことになるので、多分そういうことが起こっているのではないかと想像できます。

もっとも、私のブログは、治療師の方々も検索していることも多いので、「指関節の痛みを訴える患者さんが来た時に」検索しているかも知れません。

それでどのように治療したかと言います、最初に七星論での「頭七地」に刺鍼して、

「はい。痛みを確認してください」と

「あら! 痛くないです」と言います。

となりました。
使った鍼は1本だけです。
使ったツボも1か所だけです。
時間は1分もかかりません。

頭七は非常に便利な治療法で、先日の実践塾でも、頭七木を使って、腰部の歪みを矯正しましたら、参加者の皆さんが
「え? なんで?」という顔をしながら、ベッドの近くに集まってきました。
パフォーマンスをしたつもりはなかったのですが、参加者の明さんの「えっ? え、えっ?」という顔を見ると、「パフォーマンスって楽しいなー」と思ってしまいます。

ですから、東京講演でもやるかも知れません。(^_^;)

ということで、まだパワーポイントの制作が済んでないので、きょうはここら辺で!
関連記事