FC2ブログ
2018/09/29

横を向くと右の骨盤の内側が痛い (日本中医学会・東京講演の準備)

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。


こうすると腸骨の内側がいたいんです



こうするとここが痛いです



この臨床は多分、東京の中医学会では発表できないかも知れませんが、骨盤矯正の話が出る可能性はありますので、念のために書いておくことにしました。
何故発表できないかと言いますと、この治療法は鍼灸を使わなくても矯正できるからです。

鍼灸ですと、「特殊鍼法」になり、特殊鍼法の「骨格矯正鍼」を使うと、一瞬で治してしまいます。
一瞬と言っても1~2分はかかるのですが……。
ですから、中医学会で発表するならば、十八番の「骨格矯正鍼」になると思います。

この方の症状は、骨盤の捻じれです。
骨盤が捻じれて、右腸骨が前傾している状態なのです。
直し方はいろいろありますが、スタッフにも治療法を覚えてもらわないといけないので、一番簡単な方法で治療しました。

前傾した右腸骨の上前腸骨棘を押えて後ろに戻す方法です。

その前に、腰椎の歪みの写真も撮ってあったので、矯正後にご本人に診てもらいましたら、
「あれー!」と声をあげていました。
自分では感じなくても、体って歪んでいることもあるのです。

矯正後に、痛みが出るポーズをしてもらいましたら、ポーズをとりながら半分笑ったような顔で、首を横に振っていました。

「痛くない!」という表情です。

で、「どうですか?」と聞くと、

「全然痛くないです」と答えていました。

それから症状と地用法の解説をしました。
「この痛みが出たのは、こちらの骨盤が捻じれたために、仙腸関節まで歪み、それが引き攣りの原因になって痛みが出たのです。ですから、今、腸骨を戻しておきましたので、痛みは出ないのです」

すると、
「食事ですかね?」と聞いてきましたので、

「そうですね。その腸骨を引っ張った大元の原因は肝臓なので、食事は大切ですね」と言うと

「ふわ~い!・笑」と返事をしていました。

治療は簡単なのですが、理論的なことがわからないと、似たような症状で患者さんが来られた場合に対処できなくなりますので、理論的なことも学ぶことをお勧め致します。
ただし、筋骨系の理論だけでは何度も再発させてしまうので、「臓腑弁証」も勉強したほうがいいです。

自分で自分の本を紹介するのは得意ではありませんが、 『人体惑星試論奥義書』
を読むと、理論的なことが理解できるようになります。

来週の土曜日までは、当院で『人体惑星試論奥義書』を購入される方に、人体惑星論がわかりやすいDVDを無料でサービスしています。
電話:06-6765-7622
関連記事