FC2ブログ
2018/08/20

スクレラ分析と東洋医学理論 (8月26日の臨床実践塾)

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。



心・心包、三焦



虹彩分析に比べるとスクレラ分析は、少し複雑になります。
たとえば、上の写真をどのように読むかと言うと、
「心・心包に問題があるが、心包区に流れた血管はストレートになっていますので、心包・三焦の関係で、三焦経に痛みが出ている」と分析します。

そして、心区の血管はこの画像では見難いのですが、二重線になっています。
二重線というのは、動脈硬化を表わしますので、心臓の不調も伺えます。
という分析をすると、循環器系異常があるのではないかと考えます。

この虹彩の方は、腕が挙がらずに、足も思うように運べない方でした。
つまりこの方の肩は、「心・心包」が関わっており、足は三焦経が関わっていると考えます。
ちょっと難しいですね。

ちょっと難しいのですが、そういう分析ができないと、治療方針が立てられませんので、勉強と臨床経験が必要になってくるわけです。
もっとも、東洋医学を勉強して、東洋医学理論を使って臨床している方には、そんなに難しいことではないはずです。

スクレラ分析は、少し学んだだけでは臨床で困るのではないか、と考えるときもあります。
それは、私が作った「スクレラ分析図」は、東洋医学理論で組み立ててあるからです。
ですから、東洋医学を学んできた方々には便利でも、解剖学を中心に学んできた方々にはいくつかの壁があるかも知れません。

ま、でも、スクレラのパターンがわかると、それなりに分析はできるようになっています。
8/26の臨床実践塾 では、そのようなパターンと、治療法を結び付けて勉強してもらうつもりです。
関連記事