FC2ブログ
2018/06/29

膝痛の治し方:こんな簡単な方法もある




写真① 右の前傾した腸骨を戻しているところ





写真② 膝裏の腱の硬さを調べているところ



上の写真①を見てください。
これだけで治せる膝痛もあるのです。
「嘘でしょ!」と言われそうですが、ほんとなのです。

何故それだけで膝痛が治るかと言いますと、膝痛が起こるときは、左右どちらかの腸骨が前傾している場合が多いのです。
そんなときは、前傾した腸骨を戻してあげれば膝痛が取れるわけです。

膝痛がどこに起こっているのかを調べるには、写真②のように膝裏を探ればわかります。
膝裏を探って、腱の硬いところが痛みの出ているところです。
普通は、長くなった足のほうが痛いのですが、そうでないときもあるということです。
(ここでは長くなった方の膝が痛いことについて説明します)

腸骨の前傾を具体的に説明しますと、たとえば肝臓に異変が起こり、経筋腱収縮牽引を起こしたとします。
経筋腱収縮牽引とは、経絡や筋肉や腱が何らかの原因で引き吊ることです。
そして引きつりが起こると、筋肉の付着部が引っ張られてしまいます。
そして、仮に、右の腸骨が引っ張られたとしますと、右の腸骨が前傾してしまうわけです。

片方の腸骨が前傾すると、前傾した腸骨に付いている大腿骨が下方に伸びてしまいます。
ですから、足の長さを見ても腸骨の前傾はわかるわけです。
となると、腸骨を戻すことができれば、下肢の異常を整えることができることになります。
ですから、うつ伏せになってもらい、前傾した腸骨を後ろに倒すように持ち上げれば腸骨は元に戻りますので、それだけでも膝痛は楽になるわけです。

腸骨の戻し方は、いろいろなテクニックがあるのですが、原理を話せばこういうことなのです。
ですから、上の写真①は、前傾した腸骨を元に戻す操作をしているので、それだけで治る膝痛もあるわけです。

あまりにも簡単な治療法なので、患者さんは必ずと言っていいほど笑います。
その時は、一緒に笑ってあげてください。(^o^)
関連記事