FC2ブログ
2018/06/27

首が左に曲がりません



頭蓋JAAでの治療



「首が左に曲がりません」と訴える方がいました。
脈診や脊椎診をすると、「肝」に異変がありました。
しかし、先に首が動くようにしてあげたほうがいいと考えたので、
「とりあえず、首が曲がるようにしてから根本的なところの治療をしましょうか」と言い、頭蓋JAAで頭部に鍼をしました。

そして、
「はい。動かしてみて。痛みは楽になっているはずです」と言うと、首を動かし、
「あ、はい。楽になりました」と言ってくれました。
「そうでしょう!」と言いながら、臓腑の治療に入ることにしました。

こういう症状で患者さんが来られたら、臓腑の治療でも治るのですが、先に痛みのあるところを治療しておいたほうが、パフォーマンスとしていいと考えるからです。
しかし、それだけで治療を終わると、再発させてしまいます。
根本的な治療がなされていないからです。

では、「根本的な治療とは何か?」と言いますと、私は「症状を起こしている原因となる器官」と考えています。
つまり、この方の場合は、最初の診断で「肝」と診ましたので、根本的な原因は「肝」と考えるわけです。

症状の現れた筋肉や骨格などは、対症療法的な治療に使う場合に考えます。
たとえば、胸鎖乳突筋、斜角筋、棘上筋、僧帽筋、脊柱起立筋、大胸筋、等々などを原因と考えて鍼灸治療をするとなると、「凝りのあるところに鍼をする」という、鍼灸学校1年生のような治療しかできません。
ですから、そのような治療をすると、すぐに再発してしまうわけです。

それは何故かというと、症状の現れた部位が原因ではないからです。
たとえば、「首が何年も痛い!」と訴えてくる患者さんの多くは、首に原因があるのではなく、上部胸椎や腎に原因があります。
「何年もむち打ちが治らない」と訴えて来る患者さんの多くに、そのような徴候があります。
つまり、根本的な原因の治療がなされてないということです。

頭蓋JAAは、即効的な治療ができるので、よく使いますが、それだけで終わると再発させてしまうので、経絡治療等を加えていくわけです。
常に「奥にある原因」を追いかけているわけです。
おそらく今後は、さらにそのような治療法が大切になってくるはずです。

何故かというと、今は「脳治療の時代」に入っていると考えるからです。
脳は、全ての中枢ですので、脳を整えることが抹消を整えることになるからです。
しかし、脳を整えるためには、臓腑から整えたほうが整えやすいようです。

たとえば「脳疲労」の問題では、脳血管に軽い炎症が起こっていると考えられますので、その脳の炎症を治めるには、腸から整えたほうが早いからです。
いわゆる、脳(頭部)に熱があるということは、「気が上に昇っている」という考え方をしますので、その昇った気を下げる治療をするわけです。
関連記事