FC2ブログ
2018/06/03

単純な筋肉疲労の治し方は非常に簡単です (6/24の臨床実践塾の準備)




こうすると痛いんです



「左腕を使いすぎて、二の腕が痛くなってきました」という方が来ました。
原因がわかりやすくて、治療も非常に簡単です。

「腕を挙げると痛いんですか?」と聞くと、

「腕を挙げるのは大丈夫なのですが、こうして握ると痛いんです」と言う。

いわゆる、「単純な筋肉疲労による筋肉痛」です。
「わかりました。これって、すぐ治るんです」と言いながら、鍼を1本持ってきて、炎症が起こって思われるところにスッと鍼を刺し、ゆっくり抜き差ししながら鍼をしました。

「どうですか? もう治ったんじゃない?」と言うと、写真のように上腕二頭筋をもんだりしていましたが、

「はい。うふっ! 治ったようです」と言う。

簡単過ぎるので、ブログに書く必要があるのかと考えたのですが、一般的には「筋肉痛」も症状の一つで、何日も困っている人もいますし、時間が経つと治しにくくなるのです。
とまー、簡単過ぎて読んでもらうのも申し訳ないので、これぐらいにしますが、ほんとに簡単に治る症状ですので、困ったときは、ぜひ近くの鍼灸院に足を運んでみてください。

1分で治るはずです。

ただし、こじらせてからは、もっと時間がかかります。
理由は、時間の経過とともに、筋肉の一部が引き攣りを起こして、炎症が波及しているからです。
時間の経過したのは炎症を起こしているので、下手にもんだりすると悪化させてしまいますので、あまりもんだりしないほうが賢明です。(^-^)

この治療法は、部位を問いません。
どこの筋肉にも使える方法ですので、鍼灸師の方はぜひ試してみてください。
鍼灸治療を受けたことのない患者さんなら、

「魔法だ!!!」なんて言ってくれますよ。(^ワ^)
関連記事