FC2ブログ
2018/05/29

臨床実践塾での巨鍼制作と刺鍼訓練



巨鍼の作り方を説明する渡部先生


オシャレな方がいまして、巨鍼のケースもきれいに作ってきてありました。
こういう風に、「道具に愛着がある」行為は、技術を伸ばすコツとも関係してくると思います。


制作された「巨鍼のケース」



巨鍼のケースを作るということは、道具を大切にしているということです。
職人の世界で言うと、道具を大切にする人は、仕事も伸びます。
鍼灸師も職人です。
外科医も職人です。
理美容も職人です。
板前も職人です。

その職人が腕を磨く姿を見てください。



刺鍼訓練①



刺鍼訓練②



刺鍼訓練③



刺鍼訓練④



刺鍼訓練⑤



刺鍼訓練⑥


ほんとにお疲れ様でした。
その日に学んだことは、きっと脳裏に焼き付いたと思います。
そして、今後の礎になるはずです。
関連記事