FC2ブログ
2018/04/27

子宮部の痛み:産婦人科か新城治療院か (^_^;)




産婦人科か新城治療院かで迷ったのですが、来てよかったです



「婦人科がおかしいので診てくれませんか」と電話が入りました。
エステ用にベッドを1台増やしたので、午後の時間に来てもらうことにしました。

様子を聞くと、
「子宮が痛い」と言っておりました。

骨盤の捻じれや腸の問題でもなさそうでしたので、痛い部位を手で触ってもらいましたら、写真の部位でした。
そこは正中線から右に3センチ、恥骨上部から4センチぐらいのところでした。

とりあえず痛みを治めなければならないので、足に鍼を1本刺させてもらうことにしました。
鍼を刺してから、
「どう? 痛みとれた?」と聞くと、お腹を触りながら、
「痛みは取れたみたいです」と言う。

このブログを読んでいる方には、「嘘つきめ!」とか、「そんなことができるわけない!」とか思っている人もいると思いますが、生理痛で脂汗を流し、顔面蒼白で今にも倒れそうな生理痛でも、1~2分で治めることができるのです。

そのツボや使い方は、私の講習でしか教えませんので、ここには書きませんが、家庭療法としては、「下腹部を温める」ことを考えればいいです。
不妊症の治療にもそれを使いますが、何らかの症状が出る場合は、たいていは局所的に温度が下がり、代謝障害を起こしているものですので、その代謝を促すようにすれば、症状も治まりやすいのです。

温める方法は、 タイトル 生姜シップがいいです。
ホカロンでも多少の効果はありますが、生姜シップのほうが「芯まで温まる」と言いますので、私はやったことがないのですが、やはり生姜シップのほうがいいと思います。

それで、その方は痛みが取れたので、「プッ!」と吹き出すようなことを言っていました。

「良かったわー、産婦人科に行こうか、新城治療院に行こうか迷ったのですが、来て良かったです」と。(^_^;)

ちょっと自慢話になってしまいましたが、婦人科の痛みには、それなりに自信があります。
鎮痛剤を飲むよりも早く痛みを治めることができるからです。



☆ メールフォームが上手く作動しないようですので、ご質問のある方は、  こちらから お願い致します。
関連記事