FC2ブログ
2018/03/29

左の中指と薬指が曲がらずギターが弾けない


写真① 中指が巻き込んでくるんです



写真② 中指が浮いてこないんです



写真③ おおー!! 思うように動きます



タイトルのようなことを訴えて来た患者さんがいました。
話によると、

① 10年ほど前、マッサージ関係の仕事をしていた

② 指の動きがだんだん悪くなってきた

③ 左中指・薬指がうまく動かせない(他の指と一緒に動く)

④ 柔整の先生に屈筋神経か虫様筋の関係と言われた

⑤ 右膝があぐらをかくと痛みが出る

⑥ デスクワークをしてから便秘と内痔核が発生した

どのような状態なのかを再現してもらったら、
写真①のように、自分の右手をギターの柄のように掴み、「こうすると中指が巻き込んでくるんです」と言い、さらに
写真②のようにして、「小指を動かすと、薬指までついてくるんです」と言う。

この問診を見ると、わかる人にはわかると思いますが、肝臓がおかしくなっています。
「内痔核」というのがそれです。
座り仕事だから痔核が出るのではありません。
なので、基本的に肝臓を整える必要があるわけです。

しかし、肝臓から直接手の指に異変が出るわけではないので、とりあえず胸椎上部の歪みを診ました。
すると、上部胸椎軽く歪みがありましたので、FAT(関節調整手技療法)で調整することにしました。

「首を少し後に倒してください。で、ここに手を当てておきますね」と、胸椎上部に手を当ててから、

「はい。頸をゆっくり戻してください」

「はい。それでは左の指を曲げ伸ばししてみて!」と言うと、指を動かし、

「おおー! 思うように動きます」と言う。

「でしょ!」(^^;)

それから、全体を整えるために経絡を整えてから、
「こんなところでいいと思います」と言ったら、さっとあぐらをかいて座り、

「あ、座れますわ」と言う。膝痛を確認していたわけです。

それで治療は終わったのですが、患者さんのほうから、
「次はいつ来たらいいですか? 来週でいいですか?」と言う。
ギターを弾けないのがよっぽど辛かったのだろうな、と思いました。

私のところは、初回であっても、「もう大丈夫だろう」と思ったら、こちらから予約を入れさせないので、時々、この方のように、予約を要求する方がいます。
そんなときは、一応予約は入れてもらいます。

予約を入れさせたくないのではありませんよ。(^^;)



このブログや当院へのお問合せやご質問は、下記のフォームからお願い致します。
この問合せやご質問でのお客様情報は、他への流用は一切ありませんのでご安心ください。


関連記事