FC2ブログ
2022/03/24

麦芽腫様のデキモノと脾

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。


麦芽種?

黄色い円の中央辺りが赤くなっている



今朝来た方ですが、指を差し出して、
「これ、何ですかねー」と聞くので、診たら「小さな腫瘤」のようで、触るとゴマ粒ぐらいの塊がありました。

「これは多分悪さはしないので、そのままでもいいんじゃない。昔なら、鍼でつぶしたり、お灸でつぶしたりしていたのですが、多分その必要はないでしょう」と言い、次いで、
「これは多分、ここにも痛みがありますよ」と左脇腹を少し押さえたら、

「いた!」と体を逃がした。

つまり、中指の末節指節関節と横腹が関係しているということです。

これは、七星論で解くと、中指は「心包経」ですが、末節指節関節は、「土=脾・胃」と関係してくるのです。
ですから、患部を治療するのではなく、
「土=脾」を治療するわけです。

なので、普段使う事のない「陰陵泉」を使いました。

陰陵泉は高さで言うと、「水」になるからです。
つまり、血液の汚れを治めるために「水=腎」を使ったのです。
そして、末節指節関節も「土=脾」になるので、両方から攻めたことになります。(^o^)

で治療が済んでから、痛みを確認したら、軽くなったようでした。
多分、明日までには治まっていると思います。
関連記事