FC2ブログ
2021/11/05

股関節の痛み:股関節なのに足首に鍼?

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。




足関節が少し内旋していた

  

股関節が痛くて、足首も痛いという方が来られました。

「はいはいはーい」と治療をしたのですが、次回来られたとき、

「前回の鍼が良かったので、きょうもしていただけますか」と言う。

もちろん、そのようにしました。
特に「股関節」への治療はしなかったのですが、ずっと痛かった股関節の痛みがだいぶ楽になったということでした。

特殊鍼法の「足骨鍼」を使ったのですが、この足骨鍼は非常に面白いテクニックで、肩や肘や手首の痛みまで取れてしまうのです。
おかしいですよねー。

足首に鍼をして、手首の痛みまで取れるなんて‥‥。

でも、人間の体なんてそういう不思議な事が多いのです。
まだ、発表していませんが、「右半身がおかしい」という人の、左頭頂部に1本鍼をしたら(頭七鍼ではありません)、違和感が取れたのです。

これは理論的にも説明できるので、次回の臨床実践塾で発表しようと考えていますが、足骨鍼の場合は、足首付近に鍼をして、腕の手首の痛みまで取れるのですから、最初は私もビックリでした。
これは経絡学説では説明できないので、他の理論で説明しています。

股関節の痛みの治し方も、
① 臓腑治療での矯正
② 骨格矯正鍼での矯正
③ 経筋腱収縮牽引調整での矯正
④ 経絡調整での矯正
⑤ 股関節矯正での矯正
⑥ その他徒手療法での矯正

と、いろいろあるのですが、私はこのテクニックが結構おもしろいと思っています。
なので、通信治療にも入れるつもりで、手技への変更ができるかどうかを検討中です。
手技でのテクニックを鍼に替えるのは難しくないのですが、鍼のテクニックを手技に替えるのは、ちょっと難しいです。
関連記事