FC2ブログ
2021/09/17

筋肉疲労による痛み:上腕二頭筋への刺鍼

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。




二頭筋に刺鍼してもらった




上腕二頭筋の赤丸の辺りに刺鍼



一昨日、炭酸泉を片手で持って歩いたら、晩から上腕が痛くなった。
炭酸泉は、多分20㎏ぐらいはあると思われるのですが、見栄を張って片手で持ったのです。
(後悔してます)

昨日、腕を伸ばすのも痛くなったので、スタッフの練習も兼ねて上腕二頭筋の短頭に刺鍼してもらった。
(スタッフは、ルンルンルンという顔で鍼をしていました・(笑))
これは七星鍼法の「筋腱鍼」というやり方で、筋肉が腱に移行する辺りに刺鍼する方法です。
1番鍼を使いましたが、さすがに凝りが出て痛ので、「ズーン」と来ました。

これで腕を伸ばすのは楽になったが名残は残りました。
時間の経過と共に楽になってきたのですが、名残は残ったままでした。
今朝もまだ凝り痛みは残っています。

この鍼のやり方は、筋肉のスジ状がある時などに使うとバチッと効きます。
スジ状のものがない場合は、筋腱移行部ではなく、筋肉に何か所か刺鍼するといいです。
私は、スポーツ障害の治療によく使います。

覚えておくと便利なテクニックです。

きょうの昼休みにレーザーを当てて仕上げる予定です。(^_^;)
関連記事