FC2ブログ
2021/08/31

脳は使うほど活発になることが分かっています

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。




脳の疲れを取る



先日の臨床実践塾では、「+α活性鍼」のことをやりました。
あまり詳しくはできませんでしたが、脳を活性させる方法は分かったと思います。

脳トレの理論では、脳トレをすると、以下のようなことが言われています。

・運動能力が上がる

・運動をすると脳の機能がよく働く

・運動で脳の成長を促すBDNFが分泌される

・運動+脳トレで、さらに脳の可塑性が高まる。

・移動手段を変えれば忙しくても運動できる

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
BTNFとは、常時脳で作られている分泌型タンパク質(脳由来神経栄養因子で神経成長因子の一種)です。
それは神経細胞の芽生えを促し、シナプス形成や脳機能を維持します。
そして、BDNFが枯渇すると神経細胞は死滅するそうです。

ですから、BDNFは脳の「生存維持と活動」になくてはならないわけです。(脳の必須栄養素)
そして、適度な身体活動や適度な空腹はBDNFの産生を促し「記憶力」や「やる気」が高まり、「頭代謝」「脂質代謝」「過食や肥満」を改善してくれるというのです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私が実験で「+α活性鍼」をして、頭が冴えていたのは、これらのこととも関係していたと思います。
それは「+α活性鍼」は、脳を活性させるために開発した鍼だからです。(^_^;)


現在、「脳機能の改善」を考えながら、次の段階に進むことを計画しています。
それは、痛くも痒くもない「レーザー」を使うのですが、もうすでに2台発注してあります。
輸入品なので、私のところに届くのが、多分来週になると思います。

そのレーザーは、鍼を恐がる人に使うつもりですが、鍼とは違う効果もあるので、「+α活性鍼」と併用もできます。

凄くおもしろいんです。

たとえば、(直接電話でお話を聞いた内容では)、寝返りも打てなかった脳梗塞後遺症の方が、2週間ほどで、自分で車イスに座ることが出来たり、前立腺肥大が直ったり、脊柱管狭窄症の方が「腰のツッパリがなくなった」なんて言うのです。
その他にもいろいろありますが、とりあえずそういう器械を導入します。

最初は、「お試し価格」(1000円ぐらい)でやりますので、やってみたいと思う方は、是非参加してください。
器械が入荷したら、このブログに掲載します。
関連記事