FC2ブログ
2021/08/22

きょうは「臨床実技講習会の説明会」

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。




ドーパミンって何だろう?



きょうの説明会は、来週29日の臨床実践塾のための「説明会」です。
内容は、おもしろいと思われた臨床例に始まりますが、私が何か月も研究してきた「+α活性鍼」の話も出てきます。

それは、「側坐核」などの話になるのですが、当然側坐核と関係する「ドーパミン」などの話も出てきます。

「それがどうした」ってか? (^o^)

そこが面白いのです。
例えば皆さんは疲れが抜けないということはないですか。
そんな時に、ドーパミンの分泌を盛んにすることが出来れば、「やる気」が出て来るのです。

やる気が出れば、再び動きやすくなるのです。
人も動物も「報酬」で動くことが多いそうですが、このドーパミンを活性化させることで、報酬に関係なく活動できるようになることは動物実験でわかっています。

私が「+α活性鍼」の実験をしていて、あまり元気になり過ぎるので一時停止する事が何度かありました。
この事例から考えたのですが、なかなかおもしろいと思います。
ただ、、、、おもしろいのですが、誰かれなく教えられるものではありません。

その理由は、きょうの説明会でお話します。
説明会が済みましたら、理論的な事を書いていこうと思います。
関連記事