FC2ブログ
2021/08/12

左の親指が根本から捻れるような感じがする:足骨鍼

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。




赤く塗った辺りの関節が痛むらしい



タイトルのような症状を訴えて来た方がいました。
その他にも症状はあったのですが、とりあえず、そこに焦点を絞ってみた。

「どうすると痛むのですか?」の問いに

「寝ていても親指が捻れてくるように痛むのです」と答えていました。

「よし!」と言いながら、足骨鍼をしました。
そして、左手の親指を軽く、ほんとに軽く触り、

「はい。痛みは取れていると想います」と言ったら、親指を曲げ伸ばししてから、

「あ、ほんとですね。グジグジしていた感じがなくなりました」と話していた。

鍼をしたのは、足首のほうです。
左親指には何もしていません。
何故、左腕の親指の関節が調節されたのでしょうか。

七星論で考えると、手首と足首は「地:心包・三焦」になります。
だから、「上腕の地」を整えるのに、「下腿の地」を整えるのです。

頭がこんがりました~。(^o^)

こういうのが、「しちせい特殊鍼法」の不思議なところであり、おもしろいところなんです。
でも、ちゃんと理論立ててありますよ。(^^;)
関連記事