FC2ブログ
2021/08/02

感染予防には身体を陽性に保つ

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。


販売のための写真掲載ではありません。




ラブレジャスト、サンゴ草、フコイダン



コロナウイルスがこれだけ広がると、誰でも「感染の不安」があると思います。
そこできょうは、当院で患者さんにお話ししている「身体の陰陽」についてお話してみます。

マクロビオティックは、基本が易で、易の教えに従うと、「身体は中庸、もしくは陽性」がいいとされます。
陰でもなく陽でもなく、その中間がいいとされるわけです。
ですから、陰性な野菜は煮炊きして中庸にするし、陽性な食べ物には、陰性なワサビやショウガを添えて食べるわけです。

ただ、マクロビ料理となりますと、手間がかかるので、時間のない主婦は嫌がる傾向があり、簡単な方法を探し求めます。
そこで登場するのが健康食品になるのですが、当院ではめったに、ほとんど、健康食品は勧めません。
理由は、お金がかかるし、勉強にもならないからです。

しかし、今回はコロナ感染の問題がありますので、患者さんには以下のことを話しています。

① 免疫力を上げる為に腸内細菌を整える

② 身体を陽性にする

③ ガン因子の少ない体にする

上記の健康食品は、食品の機能を重視したもので、「栄養補給」という考え方とは程遠いものです。
つまり、その食品で体の機能をコントロールさせるためのもので、「機能アップのための食品」になるわけです。

ですから、「誰にでも勧める」ということは絶対にしません。
鍼灸師としてのプライドがあるし、毎日の食べ物でコントロールできるからです。

・腸内細菌に関しては、古漬けなどを使えばいいし、

・身体を陽性にするには、陽性な食品を摂ればいいし、

・ガン因子に関しては、継続的な軽い運動をすればいい、

と考えているのですが、ガン因子の問題だけは加齢や環境にも影響されるので、「継続的な軽い運動」だけでは解決できないかも知れません。

そして、そのようなことが出来ない人や、できない環境にある人には、上の写真にある健康食品を勧める事もあります。
※ むやみに勧めることは絶対に避けて欲しいと思います。

これらの食品を、ちょっと説明しますと、左が腸内細菌の善玉を増やす働きがあるとされる「ラブレジャスト」という商品です。
これは当院で扱い始めてから20年以上になると思いますが、肝臓に異変が出た人には効果的な食品です。
たとえば、「痔」の痒みが出てきたら、これを飲むと1~2時間では治まるようです。

真ん中のピンク色の商品は、「サンゴ草」というもので、これは海水が浸る海辺に生育する海草で、適度な塩分が含まれています。
塩分は陰陽で言いますと、「陽性」になりますので、体質が陰性になっている人や、陰性な食品(砂糖、果物、酢の物、陰性な野菜等々)が好きな人には効果的な食品ですが、体が陰性なために最初は「食べにくい」そうです。

※ 塩分がいいと言っても、「塩」そのものを多量に使うと弊害が出ますので注意してください

右側にあるのは、ガンの研究や臨床に多く使われている「フコイダン」という食品です。
この食品の原材料も海草の「もずく」になります。
今は少なくなりましたが、一時期、当院はがんの患者さんがすごく多かったので、このフコイダンでの臨床も少なくありません。
関連記事