FC2ブログ
2021/07/31

自然内出血:老化でも起こりますがその他の病気も考えます

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。










内出血ができた当初は、あざは青いというよりも赤くなっているのがわかります。

ぶつけた覚えもないのに内出血がある場合は、紫斑病の可能性もあります。
紫斑というのは、内出血によるあざの事で、打ち身などで発生する内出血ではなく、他の原因で皮膚や粘膜内に内出血が現れる病気です。
紫斑病で出血性疾患と定義されており、最も多くみられるのが、次の2つの病気です。

・アレルギー性紫斑病
・血小板減少性紫斑病(ITP)

その他にも、
・突発性血小板減少性紫斑病
・血栓性血小板減少性紫斑病
・単純性紫斑病
・老人性紫斑病
などがありますが、一般的には上に挙げた2つの病気を発症している場合が多いです。

子供がかかりやすい
大人よりも小学校の高学年くらいまでの子供に発症することが多いとされますが、臨床では、上の写真のように高齢者にも多いです。

アレルギー性紫斑病の原因
明確な原因は、詳しく解明されていませんが、何かしらの要因により、血液の中にあるIgA抗体が過剰反応を起こすことが知られていて、現在でも原因を研究中です。

覚えがない内出血は白血病の可能性もあります。
紫斑病に比べると発症している可能性は低くなるのですが、覚えがない内出血が多い場合は、白血病を発症している可能性もありますので気を付ける必要があります。

内出血が大きくなるのなら要注意です。
何故なら、白血病が原因で出来る内出血というのは、初期においては小さな斑点上の紫斑であることが多いのですが、気づいたら大きくなっているのであれば医師に相談するなどの注意が必要です。

内出血に対して、鍼灸師ならどのように治療ができるかということですが、病院の検査で問題がない場合は、動脈硬化によるのが原因と考えていいと思います。
(当院で診てきた内出血を参考にしています)

内出血の症状だけを治まるには、ショウガシップをすれば、その場で皮膚の色が黄色くなり、2~3日ではキレイになります。
しかし、仮に、動脈硬化が原因だとすれば、食事療法も欠かせません。
そんな場合、当院では健康食品を使う場合もあります。
特にミネラル分の多い健康食品を使うといいみたいです。

上の写真の方は、下の写真にあるように、右肋骨辺りが痛いと話していましたので、多分肝臓が絡んでいると診て、肝臓への治療もしましたが、活性鍼で代謝を活性させることも行ないました。
関連記事