FC2ブログ
2021/06/30

七星鍼法は論理的(13): 関節配置を考えた治療テクニック

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。



手足の関節への七星配置(文字が薄くなって見えつらいです m(__)m)



この「手足への七星配置」を考えてから、新しい治療テクニックがどんどん生まれてきた。

このイラストは、人体の中心線を「宙」(そら)として、肩関節・股関節を「水=腎・膀胱」、肘関節・股関節を「金=肺・大腸」、手関節・足関節を「地=心包・三焦」として順次、「火=心・小腸」、「木=肝・胆」、「土=脾・胃」と配置したものです。

七星鍼法では、「宙→水星→金星→地球→火星→木星→土星→」とエネルギーが流れていると考えますので、その流れに従って「関節配置」を考えたわけです。
ただ考えるだけでは意味がありませんので、その仮説に従っていろいろな実験をしていきます。

最初は「仮説」の段階ですので、患者さんに負担がかからないように「徒手療法」で治療をしてみます。
そして、何人かで確証が得られたら鍼灸を使います。
さらに、経絡だけでなく、頭部、背部、腹部などに配置した七星なども使ってみます。
ただ、以下には書くのは便宜上「経絡だけ」にしておきます。

肩関節や股関節の痛みを「腎経・膀胱経」で治療してみる。
肘関節や膝関節の痛みを「肺経・大腸経」で治療してみる。
手関節や足関節の痛みを「心包・三焦経」で治療してみる。
手足のMP関節の痛みを「心経・小腸経」で治療してみる。
手足のPIP関節の痛みを「肝経・胆経」で治療してみる。
手足のDIP関節の痛みを「脾経・胃経」で治療してみる。

結果は、「素晴らしい~~~」でした。(^o^)

私が発表するまで、「へバーデン結節の治療」や「モートン病の治療」の画期的な方法はなかったと思います。、
その治療法は、七星論から生まれた方法で、人体に七星を配置して生まれてきた治療法です。

これは、現代医学でもなければ、鍼灸古典の理論でもありません。
『人体惑星試論』(通称・七星論)という持論なんです。
それをさらに発展させたのが、「しちせい特殊鍼法」になり、さらにスピーディーな治療ができるようになりました。

それができたのは、七星鍼法が「論理的」だからと考えています。
論理的なので、患者さんへの説明もしやすいし、患者さんも納得してくれます。
五行論での東洋医学を勉強してきた方がには、「目からウロコ」になるかも知れません。(^_^;)
関連記事