FC2ブログ
2017/10/12

「右のお尻の上が痛い」「手が震える」・・・頭皮鍼の効果はすごい!

背中が痛い
    右のお尻の上が痛い

手が震える
    手が震える


頭皮鍼法には面白いテクニックがあります。
たとえば、20代の女性で、「右のお尻の上側が痛い」という方が来られました。
右の腸骨稜のことですが、まずは、最近よく使う 「頭蓋JAA」 で痛みを取ってから他の治療をしようと考えました

このような痛みなら、手技療法でも取れてしまうのですが、手技療法だとベッドに横になってもらわなければならないので、座位のまま頭蓋への鍼で痛みを取ることにしました。
そして上の写真のように、髪の生え際より少し内側に入った部位に1本鍼をしました。

「どうですか?」と聞くと、

「はい。痛くないようです」と言います。

「いや、それでは分かりにくだろうから立ってみて」と立ってもらった。

それから、前後左右に動かして、痛みを確認してもらったのですが、ニコニコ笑いながら、

「痛くないです」と言う。

それからスカルセラピーをして、経絡治療をしてから再度確認をしてもらうつもりで、ベッドから降りて床に立つように指示したら、床に足を着くなり、

「あ、すごい! 足の裏が床に着いています。ピタッと着いています」と言う。

「ん? ん? 足裏が着かなかったの?」と聞くと、

「はい」と笑いながら頷いていました。

経絡治療との関係もあるかも知れませんが、おそらく最初にした「頭に鍼1本」が効いたと思います。
何故なら、このところ何人もの患者さんを頭皮鍼で治療しているからです。
頭皮鍼法にもいろいろありますが、変化を出すのが早いのです。


たとえば、2番目の写真を見て下さい。
この方は、

「ご飯を食べる時にお父さんが、手が揺れているよ、と私の手を摑まえるんです」と言って来られた方です。

とりあえず、どれぐらいの揺れかを確認しました。
なるほど、「これではお茶もこぼれて飲めないだろうな」というぐらい震えていました。
そこで、座位のまま頭に3本鍼を刺し、再び震えを確認してもらったら、震えが止まっていました。

「あらー、嬉しいわー。どうしようかと思っていました」と喜びの声を上げていました。
それから仰臥になってもらい経絡治療を行なったのですが、
そやそやと思い、

「あのー、ブログに使いたいので、頭の写真撮ってもいいですか? 顔は写らないように撮りますので」と許可を取ってから、上の写真を撮らせてもらった。
そして、顔が写ってないことも確認してもらいました。

さて、上の二つの写真を見ても、何が何だかわからないと思いますので、今後ゆっくり説明していくつもりですが、ここでは簡単に説明しておきます。
一番上の写真は、頭部への七星配置で、「地=心包・三焦」の角度になり、「右の地」を動かせば、右半身も動くだろうと使ってみたのです。
二番目の写真は、「大脳」、「小脳」、「木=肝・胆」を狙って刺したものです。

やることは一杯あるのですが、いつも「痛みがあれば痛みから、なければ主訴から先に治す」と考えているので、このような簡単で効果の高い治療法を突き詰めていきたいと考えています。



このブログや当院へのお問合せやご質問は、下記のフォームからお願い致します。
この問合せやご質問でのお客様情報は、他への流用は一切ありませんのでご安心ください。


関連記事