FC2ブログ
2017/10/09

右肩が痛い! 「もうちょっと」は頭蓋JAA(頭蓋関節調整鍼)で!!!

頭皮鍼2
上の赤丸で囲んだ所が盛り上がっている。下の赤丸はパイオネックス

頭皮鍼1
    頭部の4点に刺鍼


この2年余り、主に手技療法を中心に治療の研究をしてきました。
かなり上手くいくのもありますが、「もうちょっと!」ということが多かった。
それは、全ての中枢である脳に、何らかの鍵が隠されていると考えることもできます。

それはその人の意識かも知れないし、脳のシステムかも知れないが、脳で何らかの抑制があると考える事ができます。
たとえば今、個人的にメールで食事指導をしている患者さんがいるのですが、その人は、ある陽性食物を止めることができません。
そのような場合は、多くが小さい頃からの食習慣によるのですが、自分の精神ではコントロールできないようなのです。

そこで、「止めなさい!」とか、「食べたらダメです!」とうことは言わずに、その人や家族の将来の話をしながら徐々に改善させるようにしています。
というのは、人は他人に言われたら反発しやすいのですが、本人が納得して「よし、やろう!」と決意したら、難なくできてしまうからです。

さてこの方は、右の肩鎖関節の腱を引き伸ばしてしまい、なかなか治らない方で、一番上の写真で、赤丸で囲んだ所が盛り上がっています。
何度か治療をして、多少は良くなっていたものの、再び腱の伸びた腕(右腕)で、重たい物を引っ張り、「グギッ」と音がして、腕が挙がらなくなったそうです。

最初は手技療法で、優しくソフトに動かしていき、動きが出た段階で、頭蓋JAAを使う事にしました。
この頭蓋JAAは、3~4年前に発表したのとは少し違い、「発展系の頭蓋JAA」を使いました。
写真にあるように、耳の上前に上から下に向けて鍼をしてあります。

すると、肘を曲げたまま前に上げる動作で痛みが出ていたのですが、それが改善され、「もうちょっと!」というところまできました。
そして、腕を外転させると、鎖骨辺りに痛みが出ると言うので、痛みの部位を指で押していきながら部位を確定し、パイオネックスを貼ったら、
「あ、あ、痛くないです。痛くないです。きょうはこれでいいですわ!」と勝手に治療を終了させていました。(^_^;)

多分、痛みがひどかったので、痛みの取れた状態を維持させたかったので、「きょうはこれでいいですわ」と言ったと思います。
めったに患者さんから「治療終了」を告げられる事はないのですが、この方は公私ともに長いお付き合いがあり、何でも言える仲なので、そうなったのです。

※ 一番上の写真で、鎖骨下に丸印をしたところにパイオネックスを貼ったのですが、写真で分かりますでしょうか。
※ パイオネックスを使う事は殆どないのですが、たまたま先日、講習に参加したときにパイオネックスが売られていたので買ってきたばかりでした。

「もうちょっと!」という痛みは、治療師が経験するジレンマだと思いますが、このようなジレンマに対応できるのが「頭蓋JAA」になるのではないかと考えています。
たとえば先日、「右膝がなんとなくおかしい」という方に、後頭部の「膝反応点」に刺鍼しましたら、「右膝が軽くなり過ぎたようです」と言われたことがありました。



このブログや当院へのお問合せやご質問は、下記のフォームからお願い致します。
この問合せやご質問でのお客様情報は、他への流用は一切ありませんのでご安心ください。


関連記事